“大任”の読み方と例文
読み方割合
たいにん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今や工学士油蹈天は、大任して、めでたくこの砂漠へ帰ってきたのであった。醤の喜びは、察するに余りある次第であった。
攝養法はれ、戰後てふ大任へる國民體力一層強固ならしめ、各自職責遺憾なく遂行せられんことを希望するなり。
命の鍛錬 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
吾等境遇では、して大任出來るであらうか。