真紅しんく)” の例文
旧字:眞紅
逆光線になったM子さんの姿は耳だけ真紅いて見えます。僕は何か義務に近いものを感じ、M子さんの隣に立つことにしました。
手紙 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
霧は林をめて飛び、道をつて又た林に入り、真紅に染つた木の葉は枝を離れて二片三片馬車を追ふて舞ふ。御者一鞭強く加へて
空知川の岸辺 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
すぐ裏を行く加茂川の水には、もう、都から遠い奥の紅葉が浮いてくる。近くは、東山の三十六峰も真紅に燃えている秋なのである。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
真紅へ、ほんのりとをかけて、新しい火のと移る、棟瓦夕舂日んだなる瓦斯暖炉の前へ、長椅子に、ト
印度更紗 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
御主耶蘇様百合のやうにおかつたが、御血真紅である。はて、何故だらう。らない。きつとかの巻物いてあるだ。
真紅や、白や、琥珀のような黄や、いろ/\変った色の、少女のような優しい花の姿が、荒れた庭園の夏を唯一の色彩だった。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
原形は全く散逸してしまってうかがうべくもない。真紅の布片や金色の刺繍の跡に、わずかに往時の荘厳な美しさがばるるのみである。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
半分がた散り尽くした桜の葉は真紅に紅葉して、軒並みに掲げられた日章旗が、風のない空気の中にあざやかにならんでいた。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
お浜は畳んでいた小手を上げて、そのから、手首から、二の腕のところまで、真紅の血痕が淋漓として漂うのを示しました。
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
例えば、瑣末な例であるが『武道伝来記』一の四に、女に変装させて送り出す際に「風俗を使やくの女に作り、真紅の網袋に葉付の蜜柑を入」
西鶴と科学 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
腰の廻りに荒目昆布のごときびらびらのついた真紅水浴着を一着におよび、クローム製の太やかなるを七八個も右の手頸にはめ込んだのは
赤い電燈などは、普段よりずっと真紅のいろを濃くにじみ出させていた。二人が、浜ノ町を抜け、暗い海の方へ行くので、コヨは心配になった。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
また、聖水の近くには、真紅をはいて、レースのついている胸衣をつけた農家の女たちが、家畜のように動かずに地面に腰をおろしています。
深緑の葉、真紅の花、さては薄紫の色に、或いは淡紅色に…… そして春の野は緑に包まれ、夏の森林は深緑がしたたり、秋の林は紅葉の錦をう。
季節の植物帳 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
今まで微白いように見えていた花は真紅の色に染まっていた。彼は驚いて女の顔を見た。女の濃艶長目な顔が浮きあがったようになっていた。
港の妖婦 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
朝焼けがそこここに真紅のまだらを散らした。日の出が近づくにつれて、稲妻はだんだんく、短くなっていった。
はつ恋 (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
海国日本の快男児九名は真紅のオォル持つ手に血のにじめるがき汗をらしつつ必死の奮闘を続けてに敗れた。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
かつては真紅の色をなしていた口が、頬の色と同じように弱い薔薇色をしているだけの相違でありました。
その姿を写真に撮ることを怠らないのであったが、幸子は又、池に沿うた道端の垣根の中に、見事な椿の樹があって毎年真紅の花をつけることを覚えていて
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
二人ののぞくのあいだから、太陽ものぞくように、はかんのこんで、金魚のからだが、さんらんとして、真紅金粉をちらすがごとくもえるのでした。
夢のような昼と晩 (新字新仮名) / 小川未明(著)
しかし鶯という可憐な小鳥が、真紅の小さな口を開けて、春光の下に力一杯鳴いてる姿を考えれば、らかそこにいじらしい、可憐な、情緒的の想念が感じられる。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
或る朝目をして見ると、そこに思いも寄らぬ真紅の花が歌っている。舞を舞っている。鶴見はその物狂いの姿を示す奇蹟の朝を楽しみにして待っているのである。
ふと目に着いたものは白蝋のような色をした彼女の肉体のある部分に、真紅に咲いたダリアの花のように、茶碗大にり取られたままに、鮮血のにじむもない深いであった。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
その色は真紅であった。おれの眼は、河の岸辺にそそり立つ、月の光に照らされた、巨大な灰色の岩石に落ちた。その岩は灰色で、ものすごく、また高かった。——岩は灰色だった。
真紅の厚い織物を脳天から肩先までって、余る背中に筋違の葉の模様を背負っている。胴中にただ一葉消炭色の中に取り残された緑が見える。それほど笹の模様は大きかった。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
真白りつぶされたそれらのかたちが、もなく濡手拭で、おもむろにふきめられると、やがてには真紅のべにがさされて、菊之丞にもをいうかとしまれるまでに
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
上も下もただひといろの白の中に、真紅の胴をくっきりと浮かせた平七が、さっと水しぶきを立て乍ら乗り入れたときは、岸の顔も、舟の中の顔も、打ちゆらぐばかりにどよめき立った。
山県有朋の靴 (新字新仮名) / 佐々木味津三(著)
無論それはわばだけで、現世ではないのでございましょうが、しかしいかにべてても、金粉らした、朱塗りの装具といい、それをんだ真紅錦襴といい
その手で、す早く、つて居る鉄瓶を下したが、再び莟を撮み上げると、直ぐさまそれを火の中へ投げ込んだ。——莟の花片はぢぢぢと焦げる……。そのおこり立つた真紅の炭火を見た瞬間
そのの中には広漠たるうねりがあり、きばかりの幻影があり、今日ほとんど知られない当時の軍需品があって、炎のような真紅の毛帽、揺らめいている提嚢、十字の負い皮、擲弾用弾薬盒
相手が上段に構えている、しないの先へポッツリと、真紅のしみが現われたが、それが見る間に流れ出し、しないを伝いを伝い、柄頭まで伝わった。と思うとタラタラと、床の上へ流れ落ちた。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
フランス人特有の身振の多い饒舌の中にも、この時りはどこかに長閑さがある。アペリチーフは食欲を呼びます酒——男は大抵エメラルド・グリーンのペルノーを、女は真紅のベルモットを好む。
異国食餌抄 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
眼は邪慾の光に物凄く輝き、額には疲れと恐怖のがたたみ、口元は色情の罪のみに引歪められて、毒々しい真紅な唇が妖怪らしくざめた顔色と物恐ろしい対照を作り、も人の姿とは思われぬ
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
だから、真紅の波紋絹に、かの女の愛の言葉は乗って
毛糸の真紅頭巾をかぶって首をかしげ
貧しき信徒 (新字新仮名) / 八木重吉(著)
犬よ、その真紅のこぼれを噛め。
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
真紅薔薇を摘むこころ
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
梅子の真紅を染めぬ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
夜みれば真紅なる
ヒウザン会とパンの会 (新字新仮名) / 高村光太郎(著)
怏々と、楽しまない日を、幾月もうそこで暮したことか、人知れず葉隠れに燃えて腐って、やがて散るしかない——真紅の花の悩みのように。
夏虫行燈 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
岩の上には処どころ石南花真紅の花が咲いていた。谷の上に見える狭い空には近い暑いがぎらぎらしていたが、谷底は秋のように冷びえしていた。
岩魚の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
そう云いながら、瑠璃子は右の手に折り持っていた、真紅の大輪のダリヤを、食卓の上の一輪挿に投げ入れた。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
黒琥珀の袋に入れた長い折り畳み式釣竿のごときものを小脇にかかえ、大きな自動車用の除け眼鏡をかけ、真紅の靴下にズックの西班牙靴をはいた異装の人物。
彼等の一人は、——真紅の海水着を着た少女は特にずんずん進んでいた。と思うと乳ほどの水の中に立ち、もう一人の少女を招きながら、何か甲高い声をあげた。
海のほとり (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
高い石垣蔦葛がからみついて、それが真紅に染まっているあんばいなど得も言われぬ趣でした。
春の鳥 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
唯違ふのは彼女の眼の緑色の光が、前よりも輝かないのと嘗ては燃えたつやうな真紅の唇が、今は其頬の色のやうな、微かなやさしい薔薇色に染んでゐるとの二つである。
クラリモンド (新字旧仮名) / テオフィル・ゴーチェ(著)
さのみ大きな滝とは見えないが、懸崖を直下に落ちて、見上ぐるばかりに真紅の色をしたい重なって、その一ひら二ひらが、ちらちらと笠の上に降りかかって来ました。
大菩薩峠:19 小名路の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
てこの人ならばと思って、打明けて言うと、く黙ってえて、私の顔を見ていたが、月夜に色の真紅な花——きっと探しましょうと言って、——し、し、女の
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そうして宅へ帰ったら瓦が二、三枚落ちて壁土が少しこぼれていたが、庭の葉鶏頭はおよそ天下に何事もなかったように真紅の葉を紺碧の空の光の下に耀かしていたことであった。
烏瓜の花と蛾 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
股のところまで下っている真紅のチョッキを着、鹿皮の半ズボンをはき、赤い毛の靴下と、大きな銀の締め金のついた重い靴とをはき、青貝の大きなボタンのついた長い上着を着ている。
鐘塔の悪魔 (新字新仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)