山県有朋の靴やまがたありとものくつ
「平七。——これよ、平七平七耳が遠いな。平七はどこじゃ。平はおらんか!」 「へえへえ。平はこっちにおりますんで、只今、お靴を磨いておりますんで」 「庭へ廻れ」 「へえへえ。近ごろまた東京に、めっきり美人がふえましたそうで、弱ったことになりま …
作品に特徴的な語句
はじ へい さみ しも おも 年老としお 赤児ねんねえ 退さが とげ たか 小婢こども 小刀しょうとう ぜん 退 うずく つま 河岸がし 水馬すいば ほと 真紅しんく べに あわれ 小柄こがら こび 女将かみ しょう かたま 足飛そくと 身代みがわ 吾妻あづま 前庭まえにわ 食客しょっかく ふう 静寂せいじゃく あわ 身体からだ 黒集くろだか 片身かたみ 物憂ものう 狂介きょうすけ せま 鹿毛かげ 甲高かんだか 番町ばんちょう 癇癪かんしゃく さかずき とび たてがみ 目交めま まゆ まげ 真似まね にら 矢庭やにわ みが まぐさ 稽古けいこ うかが 竹胴たけどう 頬杖ほおづえ あご はず かんざし 粗相そそう くつ ちが かど 鎮台ちんだい ふすま 襟足えりあし 銚子ちょうし 襦袢じゅばん かく 鉢巻はちまき くつわ 軒先のきさき 蹂躙じゅうりん また 軒昂けんこう 這入はい へつら