“石南花”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゃくなげ75.0%
しやくなげ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
岩の上には処どころ石南花真紅の花が咲いていた。谷の上に見える狭い空には近い暑いがぎらぎらしていたが、谷底は秋のように冷びえしていた。
岩魚の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
庭には桜、石南花なども有った。林檎は軒先に近くて、その葉の影が部屋から外部を静かにして見せた。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)