“石南木”の読み方と例文
読み方割合
しゃくなぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その間から顔を出す石南木なぞを見ると、葉は寒そうにべたりと垂れ、強いだけは大きく堅く附着いている。冬籠りする土の中の虫同様に、寒気の強い晩なぞは、私達の身体も縮こまって了う……
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)