“しんく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シンク
語句割合
真紅47.8%
辛苦25.4%
深紅13.0%
眞紅9.4%
心垢1.4%
親句0.7%
赤紅0.7%
身口0.7%
身躯0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
霧は林をめて飛び、道をつて又た林に入り、真紅に染つた木の葉は枝を離れて二片三片馬車を追ふて舞ふ。御者一鞭強く加へて
空知川の岸辺 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
そして楼蘭を中心とする一帯の発掘に惨憺たる辛苦をなめた上に、更に楼蘭を起点とする古代支那路線をたずね、「塩の結晶の耀無涯曠野
『西遊記』の夢 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
やや大柄な童女が深紅を着、紫苑色の厚織物の服を下に着て、赤朽葉色の汗袗を上にした姿で、廊の縁側を通り渡殿反橋を越えて持って来た。
源氏物語:21 乙女 (新字新仮名) / 紫式部(著)
眞紅となりしとき、死に臨めるピラーモがティスベの名を聞き目を開きてつらつら彼を見しごとく 三七—三九
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
ないし、いやしくも、いまだその心垢を滅せざれば、無数生死の千変万化あるなり。これによりて、幽霊ここに死し、かしこに生まるることあり。たとうれば、人のその屋廬を移易するがごとし
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
全体の変化に注意すること最も肝心なり。一句々々の附具合も歌仙に比すれば親句(ぴつたりと附きたる句)多かるべし。しからざれば窮屈なる百韻となりをはらん。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
(目犍連の再度の言葉をきっかけに、阿難、娘に取り縋られたまま、宙釣りになって空中へ上って行く。之を目がけて老女口より赤紅の焔を長く吐き上げる。)
阿難と呪術師の娘 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
身口の不浄をきらわぬ行にて易行往生と申し候なり。ただし心をきよくして申すを。第一の行と申し候なり。人をも左様に御すすめ候べし。ゆめゆめこの御心は。いよいよつよくならせ給え候べし
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)
それもそのはず、葉れをがしつつ、のそ、のそ、と巨大な身躯に背うねりを見せながら近づいて来る生き物がある。満身は金毛黒斑、針のごとき鼻端の毛と、鏡のような双眸
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)