“深紅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しんく94.4%
くれなゐ5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここへ今、灯がはいれば、たたみには深紅の池が溜って、みじめに変わりはてた伊賀の若様の姿が、展開されるだろう——。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
やや大柄な童女が深紅を着、紫苑色の厚織物の服を下に着て、赤朽葉色の汗袗を上にした姿で、廊の縁側を通り渡殿反橋を越えて持って来た。
源氏物語:21 乙女 (新字新仮名) / 紫式部(著)