“反橋”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そりはし66.7%
そりばし33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“反橋”を含む作品のジャンル比率
文学 > イタリア文学 > 詩7.1%
文学 > 文学 > 叢書 全集 選集4.8%
文学 > フランス文学 > 詩1.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
我は彼に從ひつゝ、わが額をば、あたかもこれに思ひを積み入れ身を反橋そりはしなかばとなす者のごとく垂れゐたるに 四〇—四二
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
反橋そりはしを渡る所で、先の人が何かにつかえて一同ちょっととまった機会を利用して、自分はそっと岡田のフロックの尻を引張った。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
虹のようなあけらんを架けた中庭の反橋そりばしを越えて来たのである。扈従こじゅうの家臣や小姓たちさえ、まばゆいばかりな衣裳や腰の物を着けていた。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
で……霞へ渡る反橋そりばしれば、そこへ島田に結った初々しい魂が、我身を抜けて、うしろ向きに、気もそぞろに走る影がして、ソッと肩をすぼめたなりに、両袖を合せつつ呼んだのである。
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)