たなごころ)” の例文
「誅戮などと云う怖ろしい世界が、御仏のの中にあろうとは思われませんでした。私は推摩居士が悲し気に叫ぶ声を聴いたのです」
夢殿殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
横になツて、砂についた片肱の、の上に頭を載せて、寄せくる浪の穂頭を、ズツト斜めに見渡すと、其起伏の様が又一段と面白い。
漂泊 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
われをして「骨董好き」と言ふ、誰かつて大笑せざらん。唯われは古玩を愛し、古玩のわれをして恍惚たらしむるを知る。
わが家の古玩 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
殊に幼いM子は、色白の美しい上に、明敏な質であったので、生れ落てから直ぐ鏡花夫人の愛のに抱れて、三つとなり五つとなった。
友人一家の死 (新字新仮名) / 松崎天民(著)
ここがれば、蜀中はすでに玄徳のにあるもの。ここに敗れんか、玄徳の軍は枯葉と散って、空しく征地の鬼と化さねばならぬ。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは夫人が今の返辞を聞くと等しく、河内介が捧げている品物にを合わせながら床にぺったりをついてしまったのであった。
天下をのうちに握る太政入道は、たとい王侯将相のお言葉はお用いなくとも、わたくしたちの願いはみんな聞いて下さいました。
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
第一の光明はわがにといつた風に、いづれも骨太の腕をさし伸べてゐる。地に生れて天を望むといふのは、思ふだに痛ましい。
森の声 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
に無限を把握しうる人です。しかも、この今日に生きる人こそ、真に過去に生き得た人です。未来にも生き得る人です。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
しんしんとして、木蓮幾朶雲華空裏げている。泬寥たる春夜真中に、和尚ははたとつ。声は風中に死して一羽の鳩も下りぬ。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
自分ののなかに彼女の手をめていると、わたくしのこの胸には、それまで想像だもしなかったほどの愉しい気持ちがって来るのでした。
(新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
其上、朝令暮改、綸旨を飜す有様である。今若し武家の棟梁たる可き者が現れたら、恨を含み、政道をむの士は招かざるに応ずるであろう。
四条畷の戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
地獄も見て来たよ——極楽は、お手のものだ、とトごときはである。且つ寺子屋仕込みで、本が読める。五経、文選すらすらで、書がまたい。
絵本の春 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
……あなたが屋敷を出られて、ここへ来られるまで、いったい、どんなことをなさったか、いわゆる、をさすように解きあかしてお目にかけましょう
顎十郎捕物帳:10 野伏大名 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
しかし考巧忠実な店員に接しをさすように求める品物に関する光明を授けられると悲観が楽観に早変わりをする。
読書の今昔 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
尼は仏壇の方に向き直って、ヒタとを合せました。滂沱と頬に流れるは声のない涙、——それに合せて、どこからともなくすすり泣く声が起ります。
また乾酪を一口んで吐き出すとしても、そこいらにペッと唾をするではなく、人にわからぬように、そうっとに受けて、人知れず棄てるところなぞ
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
ついで路地の出入口をし、その分れて那辺に至り又那辺に合するかを説明すること、すが如くであった。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
かつその質点の説のごとき、粒々これをに見るがごとし。ああ化学の熟する、目また全牛を見ざらんとす。して同好のいまだこれを知らざる者に告ぐ。
化学改革の大略 (新字新仮名) / 清水卯三郎(著)
甲の方は相当に綺麗だが、の中に、薄赤い連銭模様があり、それが赤棟蛇の脇腹のように、腕の上にまで延びていた。彼はその手を投げ出すようにした。
指と指環 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
その靴足袋には、小さなの形がまだかわいく残っていて、ほとんどジャン・ヴァルジャンのの長さほどしかなかった。それらのものは皆黒い色だった。
まさしく貴嬢を見るあたわず両のもて顔をおおいたるを貴嬢が同伴者の年若き君はいかに見たまいつらん。
おとずれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
その右に立っている法輪寺虚空蔵は、百済観音と同じく左手に澡瓶を把り、右のを曲げ、を上に向けて開いている。これも観音の範疇に入りそうである。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
政宗の生るる前、米沢の城下に行いすまして居た念仏行者が有って満海と云った。満海が死んで、政宗が生れた。政宗は左のに満海の二字を握って誕生した。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
五本の指、前膊上膊、肩胛骨、その肩胛骨から発した肉腫が頭となって、全体がも一種の生物の死体ででもあるかのように、血にれて横たわって居た。
肉腫 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
彼女の、白い手が、雪之丞のほっそりした手首をつかんで、わが胸に、を押し当てさせるのであった。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
その前列の石燈籠は、さまで古いものとは思われないが、六角形の笠石だけは、奈良の元興寺形に似たもので、を半開にしたように、指が浅い巻き方をしている。
不尽の高根 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
泉原は家主の婆さんからその話をきいて、すっかり気をかれてった。明るくなりかけていた気持が大きなで押えつけられたように、倏忽真暗になって了った。
緑衣の女 (新字新仮名) / 松本泰(著)
いながらにして乾雲を取りまく一味の助勢をを指すように知っているのか、それがふしぎと言えばふしぎだったが、忠相の今の口ぶりでは、誰か本所化物屋敷の者が
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
これが又一層不便を増すの料となつて、孫や孫やと、その祖父祖母の寵愛は太甚しく、四歳五歳六歳は、夢のやうにの中に過ぎて、段々その性質があらはれて来た。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
クリストフはいらだって、にくい込むほどを握りしめた。それからはもう何にも尋ねなかった。そして彼女が外出するときには、何か口実を設けて家に残っていた。
少し明るくなっている圃には、桑が一面に黒い、大きなのような葉を日に輝かしている。
(新字新仮名) / 小川未明(著)
一つひとつの星の象徴が、皮膚の渦紋となって人間のにありありと沈黙していたのだ。
ヤトラカン・サミ博士の椅子 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
『説苑』七に楊朱が梁王にえて、天下を治むる事らすごとくすべしという。
そうでもある。けれども作者はそんなことは何もいわない。ただ起きもせずを見る男を描き出して、る冷然としている。俳諧の非人情的態度の一として見るべきであろう。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
ところが美濃守殿の一で、はゞ五千石つかれるかを、其方つたも同樣、どんなひがかりでもけられるところだと、内々注意してゐると、潔白其方
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
今はなかなか便もあらじと教へられしを、筆持つはなる人なれば、長き長き怨言などは告来さんと、それのみはを指すばかりに待ちたりしも、疑ひし卜者のは不幸にもたで
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
にて我が額を叩き、可笑味たくさんの身振にて、ずつと膝を進ませ。
誰が罪 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
献身者は全く新たな目標を向うに見つけて未知のる。身心を挙げてすべてに当るより外はない。肉身といえばか弱い。心といってもに握り得るものでもない。ただあるものは渇仰である。
それもまた人夫には、自分のを見るようにはっきりとわかっていた。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
はむとする者も見えざりければ、虹汀今は心安しと、奪ひし小刀を亡骸に返し、を合はせ珠数みつゝ、念仏両三遍へけるが、やがて黒衣の雪を打ち払ひて、いざやとばかり仏像をひ取り
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
民の名望一たび爾のに帰せば彼らを感化するすより易し
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
その働き具合はの中にあるようにわかって来ました。
グスコーブドリの伝記 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
そうして堅く上様の手を、の中で握り締めた。
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
母はときどきを見る
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
のっけた
運勢 (新字新仮名) / 波立一(著)
天竺南蛮の今昔を、にてもすように」したので、「シメオン伊留満はもとより、上人御自身さえ舌を捲かれたそうでござる。」
さまよえる猶太人 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
信長から、於蘭、ひとつ小舞せい、といわれればすすんで舞い、をせよと命じられれば、非常によい高音をそのから出して聞かせた。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お浜は畳んでいた小手を上げて、そのから、手首から、二の腕のところまで、真紅の血痕が淋漓として漂うのを示しました。
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
自分は右の手をのように開いて、を大将の方へ向けて、眼の上へ差し上げた。待てと云う相図である。大将は太い剣をかちゃりとに収めた。
夢十夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)