“たなごころ”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殊に幼いM子は、色白の美しい上に、明敏な質であったので、生れ落てから直ぐ鏡花夫人の愛のに抱れて、三つとなり五つとなった。
友人一家の死 (新字新仮名) / 松崎天民(著)
ここがれば、蜀中はすでに玄徳のにあるもの。ここに敗れんか、玄徳の軍は枯葉と散って、空しく征地の鬼と化さねばならぬ。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは夫人が今の返辞を聞くと等しく、河内介が捧げている品物にを合わせながら床にぺったりをついてしまったのであった。