“つかさど”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
54.4%
37.7%
4.4%
2.6%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さういふものを挟む必要が来た時は、もうその星のる運命は終つたので、彼等は次の星の運命の支配の下に引取られてゐるのだつた。
夏の夜の夢 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
すなわちオカタ殿のみのるところであり、誤ってその席を侵したアネ子などは、それだけでも離縁せられるに十分な理由があった。
雪国の春 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
『幸臣星は五帝座の東北、親愛の臣をる、明きらかなればすなわち吉、なればすなわち凶』ところで今は罔なのだ。
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
テポ冥界をり死人の魂を治む、勇士マウィ人類のために不死を求めんとて陰道(タホイト)より女神の体内に入らんとして殺されたと伝う、産門を死の家と名づく
(七)舜禹(八)岳牧む。(九)み、らしむること(一〇)功用り、く。