“みき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ミキ
語句割合
45.3%
神酒27.4%
御酒6.5%
見限5.5%
見聞2.5%
2.0%
造酒1.5%
三木1.0%
水木1.0%
樹幹1.0%
見極1.0%
三切0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
深喜0.5%
0.5%
0.5%
美支0.5%
美木0.5%
0.5%
酒神0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つた枯葉いやうなのはでゝして干菜けた。自分等晝餐にも一釜でた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
その市の姫十二人、御殿の正面にしてづれば、神官、威儀正しく彼処にあり。土器神酒、結び昆布。やがて檜扇を授けらる。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
韓国らはして丈夫武男御酒たてまつる 〔巻十九・四二六二〕 多治比鷹主
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
なあ、そうやってるうちにアまた思わねえいい芽もふこうってものだ。だがネ、お前さんが栄三郎さんに見限りをつけたのは大出来だったよ。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
そんなにいりにいはないでも、勘左衞門忠三郎などより、でこのくらゐ、合致したものはからう、一度もまだ見聞きしたえのないものも、けば、すぐる……
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
お前は何かてえと、おお酒ツてお謂ひだけれども、私が幾らむもんじやない。二けア大概ツて了ふんだかや、月に積ツたツて幾らがものでもありやしないよ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
の濃染手拭、酒の名の「」の盃、引出よと祝ふとわけて、我が老舗酒はよろしと、の桝酒にくと、春や春、造酒造酒よと、酒はかり、朱塗の樽のぬき、神もきかせとたたき
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
即ち事は頼氏につてゐる。頼氏では三月に山陽の次男辰蔵が六歳にして夭した。「幻華一現暫娯目、造物戯人何獪哉。」しかし五月に至つて四男三木八が生れた。後の三樹三郎醇である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
一行は戸主成善十二歳、母五百五十三歳、二十二歳、水木十六歳、専六十五歳、矢島優善三十四歳の六人と若党二人とである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
蒼白れるに、薄き化粧をほのかに浮かせるは、一重の底に、余れる何物かをせるがごとく、蔵せるものを見極わめんとあせる男はことごとくとなる。男はげにば口元を動かした。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そのうち三切りめが初まるとお梅はしばらく聴いていたが、そッと立って土間へ下りると母親が見つけて、低い声で
郊外 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
り、四面八角縱横無盡
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
老婆は卓の上へ包みを置いて、その中から金ので銀の枝をした一朶の花簪児を執って秀英の頭へ持っていった。
断橋奇聞 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
可凄くも可恐き、大薩摩ばにく、大木綾錦み、こゝにきしが、よりびたれば、ふべからず、谷川なり。
妙齢 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
幹太郎は二十七歳になり、名も深喜(註、彼の名は一般に『造酒』として知られているが、高倉テル氏の考証によると『深喜』が正しいそうで、作者もそれに従った)
花も刀も (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
竹は松と同じくその色を換えぬ葉ととが芽出度いものとなっています。松は千歳を契るもの、竹は万代を契るものといわれています。これはすなわちその葉と稈とを賞讃したものです。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
箭箆または箭簳ともいう竹のつくり方にはいろいろ作法がある、十二、あるいは十三束三伏などといって、ひと握りをとよんで長さをきめる、そしてには節が三つあるのがきまりで
日本婦道記:箭竹 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
『左様さ。』と松太郎は額の汗を手拭で拭いて、『お美支様が恰度十四歳に成られた時にな、庄屋敷村のお生家から三昧田村の中山家へ御入輿に成つた。有難いお話でな。 ...
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
三四郎が級主任をしている補習科A組の美木という生徒が、不意に転げ込んで来て、三四郎の留守宅に持上った兇事の報せをらして来た。
寒の夜晴れ (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
多少まつて、すときなぞは、からすと、土手暖味められる心持がする。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
大昔の酒神頌歌者や哀歌詩人に依つて詠まれた愉快な歌を口にして、余も亦彼等の如く一切の生命を酒と竪琴楽に托して
歌へる日まで (新字旧仮名) / 牧野信一(著)