ほこり)” の例文
引きさせてみると、汚い風こそしておりますが、さすがに娘になる年配で、とにれながらも、不思議に美しさが輝きます。
頂上には、おもに堅い木で作った大きな歯車槓杆の簡単な機械が、どろどろにと油とで黒くなって、秒を刻みながら動いていた。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
甲斐は駕籠ででかけた。空はうっとうしく曇ってきて、湿気のあるなまぬるい風が、ときどき、乾いた道の上にを巻き立てていた。
此のとで、新しい東京は年毎けて行く。そして人もる。つい眼前にも湯屋煤突がノロ/\と黄色い煙を噴出してゐた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
枯れて行く建築材の臭気と、ッぽい風が隙間から降っていた。戸外の空気に触れたいのは、何か混乱するものを感じていたからだ。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
床は勿論椅子でもテーブルでもっていないことはなく、あの折角の印度更紗の窓かけも最早や昔日めずけてしまい
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
をかぶって、カサカサに枯死した姿を見るのは、子供心にも無慙だった。その福寿草の野生の姿を俺は根室へ来て初めて見たのだ。
いやな感じ (新字新仮名) / 高見順(著)
閣下、その男は粉屋よりも真白でござりました。すっかりをかぶって、幽霊のように白くって、幽霊のように脊が高くって!」
このは今でも正式の饗宴には伝わっている。決してだらけの刺身蒲鉾を、むしゃむしゃ食うばかりが肴ではなかったのである。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
が高くなると、ここ十日以上も雨のなかった大地は、ぼくぼくと馬のに掘られて、その白いが皆、全軍の兵へかぶって行った。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
起きて壺のまわりのをふきとり、陶器のうえにある昨日の埃をていねいに拭いてやることで、朝のしごとが始められるのである。
陶古の女人 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
が、ワルシャワの市街は、どんなであったろう! イワノウィッチは、最初ワルシャワを、煤煙とと軍隊との街だと思っていた。
勲章を貰う話 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
れた硝子窓には日が当たって、ところどころ生徒の並んでいるさまや、黒板やテーブルや洋服姿などがかすかにすかして見える。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
両手を鼠の糞ととの多い床の上について、平伏するような形をしながら、首だけ上げて、下から道士の顔を眺めているのである。
仙人 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
連日炎天の行軍で顔は赤銅のごとく、光っているのは眼ばかり。それに洋服は汗とでグシャグシャになった上に臭くなっている。
床もでざら/\してゐた。茶の間へ入ると、壁にかゝつてゐる褞袍がふと目についた。この冬晴代が縫つて着せたものであつた。
のらもの (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
クリストフのの大きいこと、服の醜いこと、をよく払ってない帽子、田舎訛りの発音、可笑しなお辞儀の仕方、高声のしさ
肺患者には無惨なまじりの風が散り残りの桜の花を意地わるく吹きちぎる日の午後、彼は大久保余丁町の綱島家の格子戸をくゞった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
あの大雷雨の爲めにそこいらのはいゝ工合に落着き、兩側の低い生籬や大きな立木などは、雨に元氣を囘復して、緑色に輝いてゐた。
亭「へい/\、こりゃお茶を差上げな、今日は天神の御祭礼で大層に人が出ましたから、定めし往来はお困りあそばしましたろう」
洋服のを払ってやった。汚れ物を婆やに洗濯さしたり、時には下駄の泥を拭いたりした。画室の掃除も時々自分の手で行った。
二つの途 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
水色縮緬蹴出、はらはらいて、素足ながら清らかに、草履ばきのも立たず、急いで迎えた少年に、ばッたりと藪の前。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
彼は一団の先頭に立って進み、そのあとから牝山羊の群れが、ごちゃごちゃひと塊りになって、雲のようなの中をついて来る。
博物誌 (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
水道の取入口も過ぎ、西谷迎帆楼の前も過ぎた。あの前での昨日の人だかりというものは昼の花火の黄煙菊よりもをあげた。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
めばをもくなり。彼が手玩と見ゆる狗子柳のはや根をみ、の打傾きたるが、鮟鱇切の水にを浮べて小机のに在り。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
障子の内では座敷を掃く音がしている。婆あさんがもう床を上げてしまって、東側の戸を開けて、を掃き出しているのである。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
しかし奉天の市街って始めてだらけの屋根の上に、高くこの門を見上げた時は、はあと思った。その時の印象はいまだに消えない。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
茅町から上野へ出て、須田町行きの電車に乗る。がして、まるで夕焼みたいな空。何だか生きている事がめんどうくさくなる。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
を払って、右手にかかえた。麻裏草履の片方は、並木の横の水たまりに飛んでいたが、引きあげて、ぶら下げた。がたれる。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
もっともは益田のものではないが、今も細々と場末の荒物屋に残り、大概はだらけになって高い棚の隅か、縁の下にうずくまっている。
雲石紀行 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
しかも遠路を歩いて来たように、その着物はだらけになっていた。実際、彼は審問に応ずるために、馬を飛ばして急いで来たのであった。
ともかく、活動写真のレンズにや古色があってはならない如く、新らしき芸術、尖端的都会、尖端人、あらゆる近代にはは禁物である。
松山の坐っていた場所については特に注意を払い、布をひっぱったり、をはずしたり、刷毛をあつめて紙包をいくつも作ったりした。
麻雀殺人事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
しかし、祖母と二人、照りつける日の中を、荷馬車のあとから、汗とになって歩く姿は、あまりにもみじめな没落行ではなかったろうか。
次郎物語:03 第三部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
そのうえは取りっ放し積もったの具合で、これはどうでも一年前に誰か盗んだに違いないとこう目星を付けたものさ。
大鵬のゆくえ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
季節いて西風何處よりもおつぎの雨戸今日たぞとく。それは西端るからである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
妻は夜更に彼を外に誘った。一歩家の外に出ると、白いをかむったトタン屋根の四五軒の平屋が、その屋根の上にききった星空があった。
苦しく美しき夏 (新字新仮名) / 原民喜(著)
私にはつぽい丸善の中の空氣が、その檸檬の周圍だけ變に緊張してゐるやうな氣がした。私はしばらくそれを眺めてゐた。
檸檬 (旧字旧仮名) / 梶井基次郎(著)
やがてそれらしい自動車が猛烈なを上げながら飛んで来るのが見え出した。その埃を避けようとして、私たちは道ばたの草の中へはいった。
楡の家 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
何もわざわざ畳をたたいて隠れたを出す必要もなく、人の腹の中に包まれた汚物をまで想像して、それを不潔がる必要もないのであります。
融和促進 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
地中海から吹く北風に石炭のが煙の様に渦を巻いて少時に美しい白の𤍠田丸も真黒に成つて居た。出帆時間が来た。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
を吸った脚絆姿の旅びとや、リュックサックを背負った登山客や、皮革くさい軍隊やはその疲れた脚をこの高台で休めてゆくのが普通である。
霧の蕃社 (新字新仮名) / 中村地平(著)
手廻しのいい家は月初めに片付けてしまうが、もうという二十日過ぎになってトントンバタバタとを掃き立てている家がたくさんある。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
しかしこの一籃の巴旦杏を前にして、漢口の市街を想像すると、むっとするような暑さと、大陸のとが無限にひろがって来るような気がする。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
その日は、終日っぽい風がふきすさんで、っ黒にこげた焼け跡の材木から、まだ立ちのぼっている紫の煙を、しきりに横になびかせていた。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
それが表紙を食い破られ、角々をじられ、鼠のまみれになって出て来たのだから、刑事はフウムと小首を傾けた。
仁王門 (新字新仮名) / 橘外男(著)
けれど青い壁紙と、いつ張り換えたか分らない黒くけた障子が目に映るばかりで、戸棚の隅などにはが溜っている。
老婆 (新字新仮名) / 小川未明(著)
雨になりそうな空模様で、木の根や垣根の下に氷りついている雪がをあびてうす黒い色に変っているのが急に伍一の胸に痛々しいかんじを唆った。
菎蒻 (新字新仮名) / 尾崎士郎(著)
駄馬の袋や、子供達のぼろぼろの頭巾や、肩から腰まで垂れたぼろ布には、鉱石の赤いが一杯かぶさっているのだ。
雲南守備兵 (新字新仮名) / 木村荘十(著)
博物館の陳列箱の中には、どのようにしっかりした箱にして置いても、永い年月の間にはが溜って困るものである。
(新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)