ほころ)” の例文
一人が腰を捉まえた拍子に、ビリビリ音がして単衣羽織がびた。必死で片腕にぶら下っている手塚が殺気立って息を切らしながら
牡丹 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
その裏面には「ないはうつり気な、どうでも男は悪性者」という煩悩の体験と、「糸より細き縁ぢやもの、つい切れ易くびて」
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
これはこの前の晩の時のように、闇でもなければでもありませんで、梅が一輪ずつ一輪ずつび出でようという時候でありました。
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
そしてその下の方に茂つてゐる大株の山吹が、二分どほり透明な黄色いばせて、何となし晩春らしい気分をさへしてゐた。
花が咲く (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
私はちらりほらりと梅のびそめるころになると毎年何とも言へない寂しい氣持になつて來るのが癖だ。それと共に氣持も落着く。
樹木とその葉:07 野蒜の花 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
その時、わずかにんだ唇の間から真赤な残り血が、すっと赤糸を垂らしたように流れ落ちて、クルッとった顎の下にかくれた。
西の浦に出た時に小路から担いきれぬほどをかついだ、衣もび裸同様の乞食男一人出て、くれかけた町々に低い声音で呼びかけた。
荻吹く歌 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
典医だけは奥へ出入りしていたし、城後の梅花は、日々びそめて来るのに、その後、管楽の音は絶えて、春園もたり——であった。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
又「打ったで済むか、に面部の此の縫うた処がびたら何うもならん、亭主の横面を麁朶で打つてえ事が有るか、え奴じゃア
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
この子供のへ毎週に一度は節子が通って来て、彼等のために着物やびをったり、父の手で出来ない世話をしたりしてくれる。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
菅野に移り住んでわたくしは早くも二度目の春に逢おうとしている。わたくしは今心待ちに梅のびるのを待っているのだ。
葛飾土産 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
だが彼は指を口にえたまま足元ばかり眺めていた。何だかすっきりした安堵もあるのだろうか。口元が今にもびそうにさえ思われた。
光の中に (新字新仮名) / 金史良(著)
障子の破れに、顔が艶麗に口のびた時に、さすがにかつた。が、しいとも、夜半にとも、何とも言訳などするには及ばぬ。
貴婦人 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
この前四谷に行って露子の枕元で例の通り他愛もない話をしておった時、病人が口のびから綿が出懸っているのを気にして
琴のそら音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ちょうど三月の末、麦酒会社の岡につづいた桜のびそめたころ、私は白金の塾で大槻医師が転居するという噂を耳にした。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
この娘も料理のは普通の娘同様、あどけなく手緩かった。それは着物のびから不用意に現している白い肌のように愛らしくもあった。
食魔 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「あつしの智惠袋がびだらけで、へツへツ、おまけに字を讀むことと、新造を口説くことは親の遺言で止められて居ますよ」
利鎌のような月の出ている葡萄色の空に、一輪二輪とびかけている真っ直ぐな枝の、勢いよく伸びているのもいいものです。
季節の植物帳 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
着物も袴も、ひき裂け、びている。髪毛はばらばらになり、顔には泥と(かなにかで傷ついたのであろう)幾筋も乾いた血のがある。
山彦乙女 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
斬っても血粘が刃に着かず、鉾子先からタラタラと、滴るそうでございます。ダラリと刀を下げたまま、唇をわずかにばせ、美しい前歯を
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
中橋氏は二三度それを口のなかで読みかへしてゐるうち、嬉しさに覚えずびかゝる口もとを強くし曲げるやうにして気難しい顔をへた。
今まで、おし黙っていた藤十郎の堅いが、びたかと思うと、「左様な事、何のあってよいものか」と、苦りきって吐き出すように云った。
藤十郎の恋 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
北国の暗い空も、一皮たように明るくなった。春雨がシトシトと降る時節となった。海棠の花はぽくび、八重桜のも柔かに朱を差す。
不思議な鳥 (新字新仮名) / 小川未明(著)
後手に縛られた両腕の表側には擦過傷があるが、腕の後側や腕の下に当る胸の横から背中の一部へかけては、衣服のびさえも見られない事だ。
カンカン虫殺人事件 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
全体と核心とに正しく透徹した理解味到を持とうと注意さえすれば自然に花のぶように内から開けて来る直覚作用です。
婦人改造と高等教育 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
「なんとも云えない」帆村は、唇を僅かにばして云った。「なにしろ用心棒の山名山太郎氏が傍にいないものだからネ」
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
ある者は涼しげな羞恥を含んで、ある者は美しい怒りを額に現して、またある者は今にもにいっと微笑まんばかりに愛らしい口許をばせて
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
ふと、のおもてからしたおせんのは、さくびた。と同時に、すりるように、戸棚近寄った。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
そしてそののまさにびんとする刹那のものは、らみ、今にもポンと音してけなんとする姿をしている。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
やがてその手足の創痕だの、びの切れた夏羽織だのに気がついたものと見えて、「どうしたんだい。その体裁は。」と、呆れたように尋ねました。
妖婆 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
寝台のそばに立っている抽斗戸棚の上には絹の古いハンカチーフがあって、そのびを縫いかけの針が残っていた。
重たげに艶々しい若衆まげ、黒く大きく切れ長な目、通った鼻梁びる紅花にも似てえましげな唇、そして白つつじをかざした手のあのしなやかさ!
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
汽車で疲れたらしい青い顔をして這入って来て、この光景に出遇った今、急に眼元をばしたのを見逃さなかった。
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
この時東の空、雲すこしくびて梢の間より薄き日の光、青年の顔に落ちぬ、青年は夢に舟を浮かべて清き流れを下りつつあり、時はまさに春の半ばなり。
わかれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
もっとえらいのになると、二十年もしてから阿呆になってひょっこりと出てきた。の着物を着たままで、縫目けてびていたなどと言い伝えた。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
膝の上までり開きたる短衣は裂けび、く肩に纏へる外套めきたる褐色の布は垢つきよごれ、長き黒髮をばに束ね、美しき目よりは恐ろしき光を放てり。
彼はれるして、貫一のひて赤く、笑ひてべるの上に、或者をむらんやうに打矚れり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
妻戸の御簾身体を半分入れて几帳のびからのぞいた時に、姫君がこの座敷へはいって来るのを見た。
源氏物語:28 野分 (新字新仮名) / 紫式部(著)
もっとも、喧嘩をしても、母や祖母は少しも困らなかった。というのは、汚れやびの多い方を次郎のだときめてしまえば、それで簡単に片がついたからである。
次郎物語:01 第一部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
小春日の陽脚が早やお山の森に赤あかと夕焼けするころ、貝の代りに底の抜けた折や、びの切れた羽織をずっこけに片袖通したりしたのを今日一日の土産にして
顔には、少しの苦悶の影もなく、もし、それにちょっとでも触ったら、唇が、またびそうである。が、左枝は、腕を組んで、まじまじと考えはじめたのであった。
地虫 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
着物のびを縫つて貰つてゐるとか妻に告口したので、間もなく帰国した私に、「独身に見せかけて、わたしに手紙を出させんといて、へん、みな知つちよるい!」
途上 (新字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
が、さっきから首すじがすこし寒いとはおもっていたが、そこのところだけ幌の布がなんだかんだようになっていて、ひらひらしているのにはじめて気がついた。
大和路・信濃路 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
私のズボンは、もうひどくびていたので、下から見上げると、さぞ、びっくりしたことでしょう。
今日は朝よりの春雨やや寒さを覚えて蒲団引被り臥し居り。垣根の山吹やうやうにび、盆栽の桃の花は西洋葵と並びて高き台の上に置かれたるなどガラス越に見ゆ。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
その山の間にはヒマラヤ山の名物のロードデンドロンの花は今やまさにびんとし、奇岩怪石左右につその間に小鳥のって居る様は実に愉快な光景でありました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
まだの短かい服を着て、めぬの花といった風情でね、赤くなって、朝焼けのようにぱっと燃え立つんですよ(もちろん、もうちゃんと言い聞かせてあるんで)
足袋行縢を取り出し、洗濯衣、古肌着など取り出でて、びを縫い破れをり、かいがいしく立ち働く、その間に村人は二人の首途を送らんと、濁酒鶏肉の用意に急ぎぬ
空家 (新字新仮名) / 宮崎湖処子(著)
きてればそんな心配はまだ十六のおつぎがするのではない。おつぎは自分衣物つた。くなるばかりではなくびにさへおつぎは當惑するのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「此処の桜は晩いからね。漸くび始めたばかりだ。これが満開になると素晴らしいもんだぜ」
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)