差支さしつか)” の例文
これはあるいは時代の異なったためでもあろうが、また一方身体に注意を払わなかったために、失敗をしたものと見て差支えは無い。
運動 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
で、作品として出来上った所の其作品が、何かの教訓を読者に与えるなれば、て作家の辞する所でない。一向差支えないのである。
予の描かんと欲する作品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ちょっと聞くといかにも個人的であるが、しからばとて国がれても自分の炉辺差支えなければ平気でいるかというとそうでない。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
ほんとにさうで、半搗米を食べなくとも、カルシウムを飲まなくても差支へはないが、人間は兎も角も道徳的でだけはあつて欲しい。
ですから斯う云う旅行のはなしを聞くことはみなさんにも決して差支えありませんがあんまり度々うっかり出かけることはいけません。
茨海小学校 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
そして望みがありそうなら、大いに教育してやって、自分の妻に貰い受けても差支えない。———と、云うくらいな程度だったのです。
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
あんまりあの男の意志にらうと、心臓が昂進して悪いのですが、お差支えなかったら、あの男を一応帰らしたらと思うんですが——。
電気風呂の怪死事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
おつき申してはおります、月夜だし、足許差支えはございませんようなものの、当館の紋の提灯は、ちょっと土地では幅が利きます。
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その結果として大抵これならばまあチベットへ行っても差支えあるまいというだけ俗語の研究も学問上の研究もほぼ出来て来ましたから
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
だとて王樣して差支へない』とちやんがひました。『書物でそれをみました、何處であつたかえてませんが』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
つまり、彼は、加州百万石が金無垢の煙管になって、どこへでも、持って行けるのが、得意だった——と云っても差支えない。
煙管 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
取行ひける此平野村には感應院より修驗もなきことゆゑ村中に何事の出來るとも甚だ差支へなりと名主甚左衞門は感應院へ村中の者を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「いいえ、わたしは困らなかつたのです。長すぎるならその柄をいいだけ切れと命じました。柄だから切つても差支へないと思つたのです。」
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
彼らの抑えとなる合理的なものは一つも無いときになって、今こそ彼らは、腹にたまっていたことをどんなに大声にり立てても差支えない。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
すでに「新風土」に発表した部分があるが、と答えると、それでも差支えない。新春早々にその第一回をもらうことが出来れば幸いだという。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
こりゃアうも御返答に差支える……こりゃア恐入ったね、富五郎困りましたね…………おや/\またいっぱいになった
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
それらはあたかも油絵の組織と規則の下敷から躍り出した処の勇敢なる一群の野蛮人であったといって差支えあるまい。
油絵新技法 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
今までのところでは、それも別段差支えないようなものの、しかしだんだん士気の沮喪してきたことは争われないぞ。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
「どんな内容か、お差支えなければ、話して下さらぬか。また場合に依っては、吾々のようなものでも、一臂のお力になる折がないとは限りませぬ」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何十本かの手が夢中でそれをつかんだ。これで引綱が完全につけられたわけだ。鼻づらは、すぐ落ちても差支えのない場所へ静かに引きよせられた。
秋空晴れて (新字新仮名) / 吉田甲子太郎(著)
そういう特例もあって差支えはないけれども、それだけでは近江の紫香楽や、肥後の百済木などは説明ができない。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
きれぎれに頭に浮んで来る感じをから後からときれぎれに歌ったって何も差支えがないじゃないか。一つに纏める必要が何処にあると言いたくなるね。
と、これも凡兆の話に芭蕉が相槌を打ったのである。(たといその場所にいなくっても差支えない。そういう事を想像してお互に語り合ったのでもよい。)
俳句への道 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
併し、根岸の寮は無人なので、叔父の友二郎に差支へのある時はなるべく行つて泊まることにして居ります。
あの部屋は建物の総体から離れて、小さい裏庭の上に作られているのですから、あれを動かしたところで、建物の他の部分にはなんにも差支えはありますまい
これに加うるに宗教意識は低劣であり、祖先崇拝の道徳も発生せなかったのであるから、屍体の始末は極めて簡単に取片付けられたものと見て差支えあるまい。
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)
するに地震學進歩現状ては、何時地震はれても差支へないように平常心懸けが必要である。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
きょうは午后から鵞口瘡疫の事にて。組合本部の役員会があるなれど差支える事があって往をやめた
牛舎の日記 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
「お国にもそういう字が流行りますか」というのは、無智の代表といっても差支えないかもしれない。
日本のこころ (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
「わたしも伯母さんに御相談していただきたいことがありますから、お差支えなければ、お邪魔にあがりましょう。ねえ与八さん、この方はわたしの伯母さんなの」
大菩薩峠:02 鈴鹿山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「そうか、そりゃああんまり好かれてもいないだろうが。嫌いな男のところへ無理に来てもらってお気の毒だったねえ。じゃこれから帰ってもらっても差支えないよ」
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
東京で呂昇を待つ人は多く中流階級以上の人であるといっても差支えないであろう。その実例は呂昇が上京のおりの定席である、有楽座の座席を見渡せばすぐに知れる。
豊竹呂昇 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
三千石取の旗本の若様で、再婚でも苦しくない、子供もに引取っても、差支えがないと云うような執心な方もあったけれど、私の覚悟はビクとも動かなかったのです。
ある恋の話 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
で、シイ・テツサア四・五鏡玉、千百六十分の一までくシヤツタア付の、手レフレツクス、としてはどこの上ないものといつて差支へないのだが
明朝、出発のときは、ブレザァコオトをきて颯爽と出て来るように言って下さい。なアに、学生服で、あちらに行ったって、差支えないでしょう、と言い置いてくれた
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
京都の某壮士或る事件を頼まれ、神戸へ赴き三日りで、帰るりのところが十日もかかり、その上に示談金が取れず、えの旅費はいきり、帰りの汽車賃にも差支
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
純小説と通俗小説の区別など、いまさら説くのも馬鹿々々しいが、純小説は作家一人のための文学であり、通俗小説は読者のための文学である、と極説して差支へあるまい。
そなたの統一もそのまでめば大丈夫大概仕事差支えることもあるまい。ってそなたがこのここに必要もなくなった……ではこれでおれじゃ……。
君も僕も差支えないとしても、聞く奴が駑馬なら君と僕の名に関る。太宰治は、一寸、偉くなりすぎたからいかんのだ。これじゃ、僕も肩を並べに行かなくては。漕ぎ着こう。
虚構の春 (新字新仮名) / 太宰治(著)
様子は変っていても、こんな静かな、同じことを繰り返すような為事をするには差支えなく、また為事がかえって一向きになった心を散らし、落ち着きを与えるらしく見えた。
山椒大夫 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「聞きましょうとも。僕がいてお差支えがなければ何事でもたまわりましょう。」
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
庭はそのままで完成され、どう動かしようもないのだ、樹木はれて行っても、それはそのまま庭の景色には一向差支えのないような、他の景色の賑合いが補っていてくれていた。
生涯の垣根 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
「なあに差支えござあせんよ。あの通り幾人も人が通るのでがすから行けますべい」。
て考えるならば、好かれたからこそ殺されたのです。恋の叶わぬ恨みですね。併し、そうだとすると、園内でちま子を恋していなかったものは一人もないと云って差支えないのです。
地獄風景 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
さあ、これからスイッチをってアーク燈をつけ、感光紙を廻転せしめよう。僕は居ながらにしてスイッチのれるように準備して置いたのだ。電燈がついて居ても曲線製造には差支えない。
恋愛曲線 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
芸術つてものも、彼らのやうに、キチンとしたものぢやないんだよ。——いゝから彼らが離れると云ふんなら、勝手に離れさして了ひ給へ。それは君に取つて、ちつとも差支へがない事だよ。
良友悪友 (新字旧仮名) / 久米正雄(著)
って社員は月末の米屋酒屋の勘定どころか煙草銭にもしばしば差支えた。
三十年前の島田沼南 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
此時探檢服輕裝で、龕燈へてた。るのは危險であらうが、龕燈けて、入口から内部らしるには差支へなからうとへ、單身横穴入口までんだ。
……というのは精神病学者としての吾輩の立場から見ると、発病の原因と経過さえ判明すれば、発狂さした犯人の名前は、目下不明と書いておいても、研究発表上、何等の差支えがないのだからね。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
須貝 風致保存区域だって、泳ぐぶんには差支えないだろうな。
華々しき一族 (新字新仮名) / 森本薫(著)