“差支無”の読み方と例文
読み方割合
さしつかへな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
又出来なかつたら、貴下方はこの世にい人。この世に亡い人なら、如何なる秘密をここで打明けたところが、一向差支無からうと私は思ふ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
家の焼けたの、土蔵の落ちたのは差支無いのです。ろ焼いて了はんければ成らんのでしたから、それは結構です。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
あつても差支無い。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)