“支無御座候”の読み方と例文
読み方割合
さしつかえなくござそろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明朝ハ爰元船ニテ向島ヘ渡候事、少シモ支無御座候時分参可申候間、左様ニ可被思召候已上
巌流島 (新字新仮名) / 直木三十五(著)