“差別無”の読み方と例文
読み方割合
しやべつな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夫の頼むに足らざるところをば神明冥護らんと、八百万の神といふ神は差別無く敬神せるが中にも、ここに数年より新に神道の一派を開きて、天尊教と称ふるあり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)