“探檢服”の読み方と例文
読み方割合
たんけんふく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
折角着込んでつた探檢服に、しもけずしてへと引揚げた。大學連中みである。
此時探檢服輕裝で、龕燈へてた。るのは危險であらうが、龕燈けて、入口から内部らしるには差支へなからうとへ、單身横穴入口までんだ。