油絵新技法あぶらえしんぎほう
序言 日本の油絵も、ようやくパリのそれと多くの距離を有たぬようにまで達しつつある事は素晴らしき進歩であると思う。だがしかし、新らしき芸術の颱風は常に巴里に発生している。まだ日本は発祥の地ではあり得ない事は遺憾であるが、それはまだ新らしき日本 …
作品に特徴的な語句
シュク かたわ おもん かろう わずらわ まこ づら ばさ つけ とど つまびら すぐ つく おも 湧出ゆうしゅつ おお グラム うごか かろ よこたわ あきら しな しち なめら ほろ せば そなわ ほと すみや つく おもむ にぎや かじ かたま おおい 普請ぶしん 嬰児えいじ おしえ から 差支さしつか ちょう ぞろ 芸妓げいぎ まず ほとん しか せん 煙草たばこ 版下はんした きつね たぬき かわら はなは 由一ゆいち 甲冑かっちゅう 画板がばん 真似まね 眠気ねむけ 睡気ねむけ 石膏せっこう 破墨はぼく 祇園ぎおん 神品しんぴん たた とな 稽古けいこ きわ こも 籠居ろうきょ くそ かす 素人しろうと つい すべ 辛棒しんぼう さわ 陰鬱いんうつ 鍋井なべい 遊蕩ゆうとう つい 這出はいだ 賞玩しょうがん 贅沢ぜいたく 雪舟せっしゅう やわらか 軽蔑けいべつ