頓着とんじゃく)” の例文
さような事に頓着はいらぬから研ぐには及ばん、又憎い奴を突殺す時は錆槍で突いた方が、先の奴が痛いから此方がっていゝ心持
自身の書いているものにも、仮名違なんぞは沢山あるだろう。そんな事には頓着しないでっている。要するに頭次第だと云った。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
叔父があわてて口の締まりをして仏頂面に立ち返って、何かいおうとすると、葉子はまたそれには頓着なく五十川女史のほうに向いて
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
しかして朝起きて夜寝るまで、自分のなすこと、接することを一々数えたてれば、自分が頓着しなくとも善いことが多くありはせぬか。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
知りまへんと芸者はつんと済ました。野だは頓着なく、たまたま逢いは逢いながら……と、いやな声を出して義太夫真似をやる。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
しかし彼はそんなことには頓着なく、よろよろとよろけながら一人の警官の卓の前に進んで行った、そして卓をいて叫んだ。
六月 (新字新仮名) / 相馬泰三(著)
たまたま季題が役に立つ場合があるかも知れないがそれはい。季題に頓着なく詠う方が深刻でかつ自由であろうと思う。
俳句への道 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
所が私は又その測量者があろうとなかろうと、その推測がろうと中るまいと、少しも頓着なしに相替らず悠々として居ます。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
放蕩懶惰とを経緯の糸にして織上たおぼッちゃま方が、不負魂みからおむずかり遊ばすけれども、文三はそれ等の事には頓着せず
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
その結果がビフテキ主義となろうが、馬鈴薯主義となろうが、厭世の徒となってこの生命をうが、決して頓着しない!
牛肉と馬鈴薯 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
銃猟道楽は天下に多し。走獣飛禽捕獲するの術は日に新しきを加うれどもその獲物の料理法を頓着するものはなり。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
人も減らした。炉辺に賑やかな話声が聞えようが、聞えまいが、彼はそんなことに頓着していなかった。ドシドシ薬を売弘めることを考えた。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
老奥方のお辞儀は段々ふえて、売れ高はグングン減ってゆくが、そんな事に頓着のない老媼隣店の売行きを感嘆して眺め、ホクホクしていう。
「曇って来た、雨返しがありそうだな、自我得仏来所経、」となだらかにまた頓着しない、すべてのものを忘れたという音調でするのである。
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
鬼五郎鬼五郎といってりました。そんな事に頓着なく、何の道楽も特別のぜいたくもしず、ただ金をためたのです。
遺産 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
が、小娘は私に頓着する気色も見えず、窓から外へ首をのばして、闇を吹く風に銀杏返しのの毛をがせながら、じっと汽車の進む方向を見やっている。
蜜柑 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
現代とても在来の経典をて満足し、更に一歩を進めて真理の追窮に当ろうとする、気魄のとぼしき者は多いであろう。それ等に対してわれ等は頓着せぬ。
実名の頓着もなかったまでなのだったが、後に偶然の事から彼の名前は水流舟二郎とぶのだと知らされた。
鬼涙村 (新字新仮名) / 牧野信一(著)
そして、八反の着物を着たまま、ゴミ眼鏡を顔につけ、部落を乗りまわしたものであった。その姿は全く異様であったが、頓着するどころではなかった。
南方郵信 (新字新仮名) / 中村地平(著)
小初は貝原の様子などには頓着せず、貝原の言葉について考え入った。——自分の媚を望むなら、それをえもしよう。肉体を望むなら、それを与えもしよう。
渾沌未分 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
しかし老嬢は不平そうな私の顔つきに頓着せず、ひどく安心しきったような鷹揚な態度できながら、「あの児は大へん賢いです」を相変らず繰り返すばかりでした。
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
ジオゲンは勿論書斎だとか、住居だとかには頓着しませんでした。これはいからです。寐転って蜜柑や、橄欖べていればそれでされる。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
着ものなどに頓着しない小野田は、お島の帰りでもおそいと、時々近所のビーヤホールなどへ入って、蓄音機を聴きながら、そこの女たちを相手に酒を飲んでいては
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
霞が浦が如何あろうと筑波がこうあろうと頓着もない万作が眼には何も見えぬが、お光の眼には
漁師の娘 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
にっこりして,「それでもあなた、出来ないくせに大変に好きで」というのをに置いて自分を賞め始めた,前の言葉とは矛盾したが、そこが女の癖で、頓着はなかッた。
初恋 (新字新仮名) / 矢崎嵯峨の舎(著)
この娘! この娘! この娘なんだ! どうしてくれようとちらと横眼で見ると恋と妬心に先を急ぐ弥生は、同伴のお藤が何者であろうといっさい頓着ないもののように
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
おとよに省作とのが立った時など母は大いに心配したに係らず、父はおとよを信じ、とよに限って決して親に心配を掛けるような事はないと、人の噂にも頓着しなかった。
春の潮 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
場所柄に頓着なく、しっかり頼みますぞ、など声をかける者がある。それを笑う声も起った。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
登は去定の説明を聞きながら、その理論の当否よりも、そういうところに眼をつけ、それを是と信じ、他の反対や不平に頓着せず、すぐに実行する彼の情熱と勇気に感嘆した。
別段悩める容態もなく平日のごとく振舞えば、お浪はれかつ案ずるに、のっそり少しも頓着せず朝食うて立ち上り、いきなり衣物を脱ぎ捨てて股引腹掛け着けにかかるを
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
言いれる言いようを教えてもろうたけれど、それには頓着せず、恋のために火をつけたと真直に白状してしもうたから、裁判官も仕方なしに放火罪に問うた、とも伝えて居る。
(新字新仮名) / 正岡子規(著)
これによりて見るも先生の平生物に頓着せず襟懐常に洒々落々たりしを知るに足るべし。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
いっしょに集まってうまくゆくようにできてるかどうかには頓着なく、ともかくも各部をくっつけてみたのだ。それで各人は、あらゆる方面から来た断片で作られることになった。
どうせ自分のベストをつくすよりほかにしかたがないのである。人がなんと言おうが、どう思おうが、そんなことに頓着していられる場合でない。こう思ったかれの心は軽くなった。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
基礎ヤ標準ヤニ頓着スルマデモアリマセヌ、タダヤタラニオハナシ体ヲ振廻シサエスレバ、ドコカラカ開化ガ参リマスソウデ、私モマケズニ言文一致デコノ手紙ヲシタタメテ差上ゲマス
斎藤緑雨 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
カングリ警部は涼しい顔で答えたが、巨勢博士はそれに頓着していなかった。
不連続殺人事件 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
夜はんでいるがそれにも頓着せず文吉は操を訪問したのである。
愛か (新字新仮名) / 李光洙(著)
私のに書く物も私の端的な直観を順序に頓着しないで記述する外はない。
鏡心灯語 抄 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
始終を外の放蕩三昧、あわれなを一人残して家事の事などは頓着しない、に帰宅すれば、言語のいい箸のろしさてはの仕方がるいとか、琴を弾くのが気にくわぬとか
二面の箏 (新字新仮名) / 鈴木鼓村(著)
けれども、そんなことに頓着せず、めくらめっぽう読んで行っても、みんなそれぞれ面白いのです。みんな、書き出しが、うまい。書き出しの巧いというのは、その作者の「親切」であります。
女の決闘 (新字新仮名) / 太宰治(著)
学士は彼の何者にも頓着しない悪達者な腕前に三歎するより外なかった。
地球盗難 (新字新仮名) / 海野十三(著)
これ本邦慾張り連が子孫七代いかに落ちぶれても頓着せず、わが一代儲けさせたまえと祈って油餅を配り廻り、これを食った奴の身代皆自分方へ飛んでくるように願う歓喜天また聖天これなり。
われたもので胸いっぱいな笑みであった。が、秀吉は頓着なく、一語
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
言いさして話をやめた父の自尊心などに令嬢は頓着していなかった。
源氏物語:26 常夏 (新字新仮名) / 紫式部(著)
顎十郎は、そんなことに頓着なく、いっそう声をはりあげ
顎十郎捕物帳:09 丹頂の鶴 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
内々直したる初心さ小春俊雄は語呂が悪い蜆川御厄介にはならぬことだと同伴の男が頓着なく混ぜ返すほどなお逡巡みしたるがたれか知らん異日の治兵衛はこの俊雄今宵色酒浸初鳳雛麟児は母の胎内を
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
家相に頓着せざる人にてその家の栄ゆるところがある。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
相手は、そんなことには、頓着なく
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
夫人は根岸で別れてからの時間の隔たりにも、東京とこの土地との空間の隔たりにも頓着しないらしい、極めて無造作な調子で云った。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
先生の病気に対してはまるで同情も頓着もなかった。病気の源因と、経過と、容体をしく聞いて貰おうと思っていた先生はれた。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)