女の決闘おんなのけっとう
第一 一回十五枚ずつで、六回だけ、私がやってみることにします。こんなのは、どうだろうかと思っている。たとえば、ここに、鴎外の全集があります。勿論、よそから借りて来たものである。私には、蔵書なんて、ありやしない。私は、世の学問というものを軽蔑 …
作品に特徴的な語句
おっし しみ そら かが とめ のぼ わかれ あた かけ 出来でか こが いた 囹圄れいぎょ こら しな うしろ 駈引かけひ 水溜みずたまり 水潦みずたまり すま さむらい 暇乞いとまごい せめ ほこり 口説くぜつ なま なる しわが たた 菖蒲しょうぶ 如何いかん しん あた はじ つい くび 苗字みょうじ 毫光ごうこう 気障きざ 気魄きはく 泥酔でいすい 流石さすが 浅墓あさはか 浅間あさま 涕泣ていきゅう 淫蕩いんとう たた 濛々もうもう 灌木かんぼく 為事しごと 為方しかた 為遂しと 無垢むく 煙草たばこ 煩悶はんもん 煮付につけ 熾烈しれつ ねら おおかみ 理窟りくつ はなは 田舎いなか きず くせ しゃく 白樺しらかば まと 直截ちょくせつ 知悉ちしつ 硝子ガラス 稽古けいこ うかが 端坐たんざ 笑談じょうだん はず こも くわ 綺麗きれい すべ 編纂へんさん まと 貪婪どんらん 這入はい みち 辛辣しんらつ 辛苦しんく 身悶みもだ 路易ルイ 貪慾どんよく 許嫁いいなずけ ことば
題名が同じ作品
女の決闘 (新字新仮名)ヘルベルト・オイレンベルク (著)