赤ひげ診療譚あかひげしんりょうたん05 徒労に賭ける05 とろうにかける
「病人たちの不平は知っている」新出去定は歩きながら云った、「病室が板敷で、茣蓙の上に夜具をのべて寝ること、仕着が同じで、帯をしめず、付紐を結ぶことなど、——これは病室だけではなく医員の部屋も同じことだが、病人たちは牢舎に入れられたようだと云 …
作品に特徴的な語句
金鎖かなぐさり かみ かたき とき 塵埃じんあい 扶持ぶち つか まく こす あら 本道ほんどう がまち 煎薬せんじぐすり 黄昏たそが 下谷したや 五庵ごあん 仔細しさい 仕着しきせ 付紐つけひも おっ そば かし 元禄げんろく 光圀みつくに かね 円座えんざ すご 副木そえぎ 割烹かっぽう 単衣ひとえ かえ 双肌もろはだ 可笑おか ども つぶや うめ せき かな のど あえ 喧嘩けんか ささや ふさ 売女ばいた 大股おおまた ねえ めと くるわ おそ 戸納とだな 打毀うちこわ こば こぶし つか 桁外けたはず 業平なりひら 榕庵ようあん ゆが おぼ 無慚むざん 煤掃すすは かた 牡牛おうし 牢舎ろうや ひと 玄丹げんたん うと あざ 瘡毒そうどく こぶ 癌腫がんしゅ にら 石庵せきあん 穀里こくり もつ つな ひび ののし 翫物がんぶつ 老髦おいぼ はら わき すね わき 腫物はれもの 膏薬こうやく 膵臓すいぞう 色艶いろつや しん 茣蓙ござ たばこ 薬籠やくろう 藁屑わらくず 藁床わらどこ やぶ
題名が同じ作品
赤ひげ診療譚:01 狂女の話 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
赤ひげ診療譚:02 駈込み訴え (新字新仮名)山本周五郎 (著)
赤ひげ診療譚:03 むじな長屋 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
赤ひげ診療譚:04 三度目の正直 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
赤ひげ診療譚:06 鶯ばか (新字新仮名)山本周五郎 (著)
赤ひげ診療譚:07 おくめ殺し (新字新仮名)山本周五郎 (著)
赤ひげ診療譚:08 氷の下の芽 (新字新仮名)山本周五郎 (著)