“こだま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コダマ
語句割合
37.9%
木精15.6%
木魂14.3%
反響9.6%
木霊9.6%
児玉2.9%
谺響1.6%
木靈1.6%
小玉1.3%
山彦1.3%
木谺0.6%
木魅0.6%
兒玉0.3%
小珠0.3%
木玉0.3%
木魂精0.3%
林響0.3%
蚕玉0.3%
0.3%
谷谺0.3%
谽谺0.3%
返響0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
久しぶりで、うして火を置かせたまゝ、気に入りの小間使さへ遠ざけて、ハタとした音が、するまで響いたのであつた。
印度更紗 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
茫然してると、木精ふぜ、昼間だつて用捨はねえよ。)とるがてたが、つてれた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その「まあ」が、まるで木魂のように、控室から広間へ、広間から客間へ、客間から台所へ……あげくのはては穴倉へまで、つたわってゆく。
嫁入り支度 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
法水の声のみが陰々と反響しても、それがてんで耳に入らなかったほど、検事と熊城は、目前の戦慄すべき情景にきつけられてしまった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
で、鉄槌げて、とすたびに、トーン、トーンというめりむようなきが、あたりの空気震動して、くへ木霊していました。
白い雲 (新字新仮名) / 小川未明(著)
すなわちこれらの地においては郷名として特に名家の姓を採用したことあたかも大連の児玉町・乃木町と同じである。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
それまで二王立に立って、巨人が小人島の人間を見るように、純一を見ていた岡村画伯は、「晩に来給え」と、谺響のように同じ事を言って、夫人の跡に続いた。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
それは、一つ/\の、もの寂しい部屋の中にゐる木靈を呼び起すやうな騷がしい反響となつて消えて行つた。だが、その聲の源は、一つしかなかつたから、私はどのから出てくるかゞわかつた。
小玉君や横光君、それに田畑君などは、春木少年ひとりにだしぬかれたことをくやしがって、こんど何かあったら、きっと自分たちも、仲間に入れてくれとせがんだ。
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
るとその老木がぎっしりっている、ごくごくしい深山で、そして不思議山彦のよくでございました。
打てば血が流れ、その哀号の声はあたりの森に木谺して、凄惨実にえようもなかった。
木魅山魅つて、こゝのみならず、廊下としいへば、くがく、あとに、さきに、朦朧として、はれて、角切籠紫陽花円燈籠ねるのであつた。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
兒玉先程來かず、微笑して人々氣焔たが、突然出身學校はれたので、一寸なかつたのである。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
兒玉言々句々肺腑よりで、其顏には熱誠いてるのをて、人々流石むけて謹聽するやうになつた。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
それについてわしが気づいた最初の事は十字架、むしろ十字架を支えてる紐でありましたのじゃ、当然、あんた方にとっても、それはただ小珠の紐であった。
の貝おくる木玉三井の秋 探志
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
それでも、背中や胸をいてやるまい、噫木魂精よ、おまへは腕をして勝ち誇る夢を捧げてゐる。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
ふたりの足音が気味わるく林響に響くばかりでした。
忘れ形見 (新字新仮名) / 若松賤子(著)
こちらにくると観音さまや天照大神または蚕玉さま(蚕の守護神)の画像(掛図)になっている。これは大きな変化である。
人形の話 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
白昼も寂然としていてをするか、濁って呼ぶから女の名ではあるまいが、おなじ名のきれいな、あわれながここで自殺をしたと伝えて、のちのちの今も
遺稿:02 遺稿 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
いかづち夕に天半を過ぐ、烏帽子、国見の山脈に谷谺をかへせしその響は漸く遠ざかれり、牧島湾頭やがて面より霽れたれども
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
公園は森邃として月色ますますく、夜はいまや全くその死寂に眠れるとき、谽谺に響き、水に鳴りて、魂消一声
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)