“すだま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:スダマ
語句割合
精霊25.0%
魑魅25.0%
木精6.3%
人靈6.3%
妖精6.3%
山魅6.3%
木魂6.3%
林精6.3%
生魂6.3%
窮鬼6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それだのに何か得体の知れない精霊が彼の耳に、お前は忘れ物をしているぞと囁やく。
黄金色金盞花、男の夢につてこれと魑魅のものやかさ、これはまた惑星にもみえる、或は悲しい「夢」の愁の髮に燃える火。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
それとともに紀州藩の武士ともあろうものが、天狗木精のためにこんな目にわされるとは、何たることだと思って口惜しかった。
山寺の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「なに、お山の方達じゃ、お山の方達とは、天狗か、木精か」と、云って武士は笑ってけるように
山寺の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
御者懶惰指頭から發掘圓蟲といふ半分がたも鼠裝束さい羽蟲車體、それをば太古から妖精車工ってゐる栗鼠蠐螬とがりをった。
木魅山魅つて、こゝのみならず、廊下としいへば、くがく、あとに、さきに、朦朧として、はれて、角切籠紫陽花円燈籠ねるのであつた。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
現にウラルの或る地方では「木魂に呼びかけられると三年たぬうちに死ぬ」という伝説が固く信じられている位であるが、しかもその「スダマ」、もしくは「の無い声」の正体を
木魂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
さうした暗い地上に、生魂や物のと一所に住んでゐた彼等にとつて、月光がどんなに明るく、月がどれほど巨大に見えたかは想像できる。
月の詩情 (新字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)