“いきすだま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
精霊66.7%
生靈33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山と精霊
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
精霊
海豹と雲 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
それは實に玄妙でもあり、又然樣いふ道理も存在して居る。が、それは圈外の玄談である。世人の間にも、死したる人に幽靈があり、生きて居る人に生靈があると言はれて居る。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)