“しやうれい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
奬勵50.0%
昌黎25.0%
精霊25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平次の無言の奬勵がなかつたら、かうまで親の恥を打ち明ける勇氣もなかつたでせう。
青黄紅白正暈倒暈淺深のまゝ昌黎放語み、ふがまゝにをなせよとふ。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
小春日にも何處にかたる。昌黎まへてあり。韓湘拜謝してく、小姪藝當ござりてまずばざるにて
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
精霊の日本の秋の啜泣ひ取る如し、泣く如し。
緑の種子 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)