“しやうりやう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シヤウリヤウ
語句割合
精霊33.3%
商量16.7%
渉漁16.7%
秤量16.7%
精靈16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
精霊をながす日来り港には人みちをれどわれは
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
さうしてから取捨商量れないなものゝ一徹一圖んだ。もしくは信念善男善女の、知慧思議ばぬ精進程度崇高いだ。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
私は、営養不良に陥つて止むなくプレトン哲学の渉漁を断念したことがある。激烈な胃酸過多症に襲はれて、飲酒への沈湎を断念しなければならなかつたこともある。
熱い風 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
秤量にかけるやうにして、高い租税を払はなければ飲めないばかりか、川水の姿を見ようとすれば、鉄橋の下の、鉄漿溝のやうに、どす黒く濁つた水を、夕暮の空に、両岸の燈火の幻影で
天竜川 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)
精靈船にはその家の定紋をつけた帆を揚げてゐるのもあるし、又蓮の花びらが、舟一ぱいに撒き散らされてゐるのもあつた。