朋輩ほうばい)” の例文
彼女はあの賑やかな家や朋輩たちの顔を思い出すと、遠い他国へ流れて来た彼女自身の便りなさが、一層心にみるような気がした。
奇怪な再会 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
目上にも朋輩にも信用され可愛がられて、前に神尾の邸にいた時のような危ないことは更になし、まことに無事に暮しておりました。
大菩薩峠:10 市中騒動の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
波斯軍がアラビヤを過ぎ、いよいよ埃及の地に入ったから、このパリスカスの様子の異常さが朋輩や部下の注意をきはじめた。
木乃伊 (新字新仮名) / 中島敦(著)
だけれどほんとにいやなのはあのおなま(朋輩生徒か)さんネー。いやに体裁ばかりつくって。何か自分の作文の点でもわるいと。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)
もらいはかなりあるのだ。朋輩が二人。お初ちゃんと言う女は、名のように初々しくて、銀杏返のよく似合うほんとに可愛い娘だった。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
「坊さんだから、女は汚らわしいっていうの。……ちょッ、笑わすよ、この人は」と、家のうちにいる朋輩の女たちをかえりみて
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夜の世界にばかり目覚めていたお増の頭には、多勢の朋輩やお婆さんたちの顔や声が、まだ底にこびりついているようであった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
いゝよ親方からやかましくつてたら其時可愛想くてかれないとふと朋輩意地惡置去りにてゝつたと
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ところが花前評判は、若衆のほうからも台所のほうからもさかんにおこった。花前は、いままでに一もふたりの朋輩と口をきかない。
(新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
すべきようもないので、よんどころなしにのなりわい、むかしの朋輩に顔を見らるるも恥ずかしい。して、お師匠さまはどうしてござる
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
もう生死を超脱している栄三郎にとっては、左膳も、左膳の剣も、ふだん道場に竹刀をとりあう稽古台朋輩と変わりなかった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
と他の小娘達に手を引かれて、神経質らしいその女の児も彼の前までやって来たが、急に朋輩の手を振りほどいて一歩引退った。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
わたしの朋輩たちが、恋だの男だのと騒いでいるのに、わたし一人は自分自身を恋人として男を近づけるのをかえって恐ろしく思いました。
メデューサの首 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
そう決心した光枝は、その夜更けて、朋輩の寝息をい、ひそかに旦那様のベッドに近づこうとした。だがそれは失敗だった。
什器破壊業事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
奉公人下女端女は、なまじっか字なんか知っていると、主人や朋輩にイヤがられるという事に気のついたのは、ずっと後の事だ
或日箕輪の内儀は思も懸けず訪来りぬ。その娘のお俊と宮とは学校朋輩にて常に往来したりけれども、と家との交際はあらざるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
よく芸者などが客や朋輩をしていました。夜は仕事をしまった男たちが寄って来て、歌うやら騒ぐやら、夜更までやかなことでした。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
しかし、昨日は傍らに歩いていた朋輩が今日もその通りに並んでいると考えてもよいのだろうか。ながい留守の時間があった。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
そなたの生れはと問へば、越後でござりまする、朋輩の何がしは三年のつとめ済んで、身のしろ金で嫁入りしたさうな、うらやましやといふ。
(新字旧仮名) / 正岡子規(著)
朋輩から詳しい様子を聞いて、一時はこいつはうまく行ったと喜んだものの、流石に善人の彼はそうしてじっとしていることは出来なかった
夢遊病者の死 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
江戸の主家に居る時、ほんの小僧の時、一度、若者になつてから二三度、無理やりに朋輩や先輩に誘はれて遊女屋へ足を入れたことはあつた。
老主の一時期 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
と珍しからぬ一匹の犬に、夫人をはじめ、朋輩の女中、御家老より車夫に到るまで、家族のありたけ呼立てしが、返事をするもの一人も無し。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
なんざつてゐねえぞはあ、それよりやあ、つてのざくでもがえゝと」朋輩一人がおつぎへいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
舞いをならっていた女は、それらの人たちにとっては、客人でもあり、もすこし親しみのある以前の朋輩でもあった大橋夫人須磨子さんだった。
大橋須磨子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
栄二は芳古堂で十年も手習いをし続け、朋輩の中では上手の内にかぞえられていた。彼は広沢菱湖が好きであり、唐様も和様も本筋に習った。
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
腹を立てるほどの気性もないらしかった。内気というよりは陰気な感じで、これでは朋輩にも客にもられるばかりではないかという気がされた。
朴歯の下駄 (新字新仮名) / 小山清(著)
右近を以前知っていた人が大将の供をして行って、話などをした時から、またしきりに好意を運んでくるのであると右近は他の朋輩に言っていた。
源氏物語:53 浮舟 (新字新仮名) / 紫式部(著)
一番で級長の松村君もろとも、級のよい勢力を代表している。照彦様のためにも申し分ない朋輩である。友だちは偶然の機会できまることが多い。
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
出し且又しの内に立せ間敷其爲朋輩を頼み置きたりおしあらば心靜かに咄し給へと發明なる働に傳吉は其頓智
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
何者と重ねて問えば、私は存じませぬとばかり、はや岡焼きの色を見せて、溜室の方へと走り行きぬ。定めて朋輩の誰彼に、それとの種なるべし。
書記官 (新字新仮名) / 川上眉山(著)
女はお酒や料理を自分で部屋に運んで来て、それからその家の朋輩らしい芸者を二人呼んだ。みな紋附を着ていた。
チャンス (新字新仮名) / 太宰治(著)
語調体度とが時田よりも快活らしいばかり、共に青山御家人息子で小供の時から親の代からの朋輩同士である。
郊外 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「ああ一本松なあ。あっこにゃ、わしの船乗り朋輩があってな。もうとうの昔に死んだけんど、大石嘉吉という名前じゃが、あんたらもう、知るまい」
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
事務長は朋輩にでも打ち明けるように、大きな食指を鍵形にまげて、たぐるような格好をして見せた。葉子がちょっと判じかねた顔つきをしていると
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
けれどきょうは朋輩が病気でていて自分が看護してやらねばならない時にはどうするか? 朋輩をほっておいて夢中になって会いに行くのが普通の恋だ。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
百代子の学校朋輩に高木秋子という女のある事は前から承知していた。その人の顔も、百代子といっしょにった写真で知っていた。手蹟絵端書で見た。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「きょうの天気予報たった。あのいい天気が、にこんなにわったからな。」と、年上職工は、仕事台前屈みになって、朋輩をしました。
風雨の晩の小僧さん (新字新仮名) / 小川未明(著)
八重は、夕方左近将監が御殿からひけてかえってきたときにさしあげるお夕飯のおかずのことで、朋輩の藤にたのんでおいたもののことを思いだしたのです。
亡霊怪猫屋敷 (新字新仮名) / 橘外男(著)
只なんという事なしに女房たちの中にじって、もとの朋輩たちと気やすく語らってさえいれば好かった。
姨捨 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
堺町の踊子、木戸茶屋の娘、吉原のかぶろ、女幇間、唄の小八などというむかしの朋輩をひきこみ、仲ノ町の茶屋か芝居の楽屋のような騒ぎをしているそうな。
鈴木主水 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
どうかすると自分とおなじ年ごろの朋輩を相手にしているようなもののいいかたをするのでござりました。
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
芸者その朋輩丸髷ふを見ればわたしもどうぞ一度はと茶断塩断神かけて念ずるが多し。芸者も女なり。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
時にはひとしく酩酊した朋輩を連れてきて部屋のなかでキャッキャッと動物のような声を立て、しまいには喧嘩をしたり泣き出したり、なかなか大変なのだが
如何なる星の下に (新字新仮名) / 高見順(著)
そのためばかりとも言えないが、冬の夜長になると五、六人以上、じゅんまわりに朋輩の家にあつまってきて、いろいろ話などをしながらにぎやかに苧を績んだ。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
朋輩の出て往ったのを気にしていた、三人の女給が、いたガラス戸のに立って外の方を見ていた。
港の妖婦 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
そして以前朋輩であった人間の内へ女中のような相談相手のようにして住み込んでいるのであった。
狂乱 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
その散歩の仲間は、同じ商店に働いてる朋輩の一人と、二人のりっぱな青年だった。青年の一人はヴァイレル銀行員で、も一人はある大きな流行品商の事務員だった。
我らが朋輩にお加えくだされ、この城中へ止め置かれますように、我らよりもお願い申し上げまする
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
うも朋輩交際が悪うございますから、もう二三年も経ったから知れやしまいと思って、又奥州仙台から、江戸表へ出て来たのは、十一月の丁度二十日でございます。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
またかったのは神田和泉町の第二医院の火事で、あまりの驚愕に看護婦に気のふれたのがあって、げらげら笑うのを朋輩が三、四人して連れて来るのを見たことがある。
三筋町界隈 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)