“朋輩衆”の読み方と例文
読み方割合
ほうばいしゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「武道のみでなく、学問もせねばならぬぞ。平常は何事も、朋輩衆よりも控え目に、ことある時は、人の避けることも進んでするようにな」
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お前は恋のために私をだまし、先輩や朋輩衆に勤めを欠いた。恋ぐらい排外的になりがちなものはないからな。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
「ほかでもござんせんが、実は、袖ノ井さんの朋輩衆の、伊吹屋のお由利さんが、ゆうべ急に亡くなられましたんで、袖ノ井さんに、何かとお訊ねいたしたいと存じやして……」