“御朋輩”の読み方と例文
読み方割合
ごほうばい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「左様でございます。元の御朋輩衆、川上源左衛門、治太夫御兄弟に誘われ、沖釣に行くと申して出たっきり戻りません」
「それに、あの、お出先へお迎いにくのなら、御朋輩の方に、御自分の事をお知らせ申さないように、内証でと、くれぐれも、おけでございましたものですから。」
第二菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「殿樣の人氣と申しませうか、外向の御噂はまことに宜しい方で、御所領の百姓は申す迄もなく、御朋輩、御同役、目付、重臣方にも申分のない評判で御座います」