乳を刺すちちをさす黒門町伝七捕物帳くろもんちょうでんしちとりものちょう
星灯ろう 陰暦七月、盛りの夏が過ぎた江戸の町に、初秋の風と共に盂蘭盆が訪れると、人々の胸には言い合わせたように、亡き人懐かしいほのかな思いと共に、三界万霊などという言葉が浮いてくる。 今宵は江戸名物の、青山百人町の星灯ろう御上覧のため、将軍 …
作品に特徴的な語句
さわが とう いず きゅう うし むら 退さが わり かえ はず 推量すいりょう がた どき やさ ぎも あか 足溜あしだ あるじ 名代みょうだい かた しら まか 心底しんてい むご なら まく 揉手もみて そそ まこと 転倒てんとう 退 ひび ぱな 一刺ひとさ ちょう うち 仕業しわざ たくら 何刻なんどき とも そうろう やさ 典医てんい 内儀かみ 冥途めいど きざ けず 半刻はんとき 単衣ひとえ 厄年やくどし かわや とが 因果いんが 固唾かたず 土産みやげ 地味じみ らち 変哲へんてつ ほか おお 大勢おおぜい 大戸おおど 孝養こうよう 家慶いえよし 宿退やどさが 富本とみもと やす すた 彼方かなた 得心とくしん 御殿ごてん 思案しあん 性分しょうぶん いた おも した 成仏じょうぶつ 房州ぼうしゅう 手絡てがら 手踊ておど 折角せっかく ひら こしら 挙句あげく つか 提灯ちょうちん 文金ぶんきん 料簡りょうけん