“ほうばいしゅう”の漢字の書き方と例文
語句割合
朋輩衆100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お松は自分の今の生活が至極平穏無事であること、御殿でも皆の人に可愛がられて昔のような心配は更にないこと、朝夕朋輩衆と笑いながら働いていることなどを細々と書きました。
大菩薩峠:10 市中騒動の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
私は寺の事、法の事、朋輩衆の事も考えないのではありません。けれどあの女を振り捨てる気にはなれません。あの女に罪はないのですもの。振り捨てねばならない理由が見つからないのですもの。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)