雪と泥ゆきとどろ
「好い男っていうんじゃあないんだ、うん、おとなしくって気の弱そうな性分が、そのまま顔に出てるって感じさ、まだ若いんだ」 「もういいかげんにおよしよ、おまえさん、それは罪だよ」おつねが頸筋へ白粉をぬりながら云った、「それに世間にゃそうそう鴨ば …
作品に特徴的な語句
つく しろ 仰反あおの くち きま 強請ゆす つか まく あら 甲斐がい くら きん 黄昏たそが 不忍しのばず わび 俯伏うつぶ そば 凄腕すごうで ところ もた かえ 反故ほご ども 吃驚びっくり 合羽かっぱ つぶや あお うめ そそ すす のど あえ ささや 土堤どて 土瓶どびん ほこり ふさ 太息といき ねえ なま 家扶かふ 屏風びょうぶ 幇間ほうかん 年嵩としかさ くるわ おそ たし 我儘わがまま 抽出ひきだし こしら ちょう ひね おお つか そろ 提灯ちょうちん くら 朋輩ほうばい 札差ふださし 板塀いたべい さお 欠伸あくび 此処ここ ゆが 気後きおく 溜息ためいき あふ おぼ にじ 火箸ひばし すす かん 白粉おしろい しわ さかずき 眩暈めまい 睫毛まつげ 稗史はいし 稲荷いなり けが 穿 立竦たちすく 竿さお 箪笥たんす 紙屑かみくず 細紐ほそひも ぬめ