“ほうばい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
朋輩97.1%
傍輩2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
波斯軍がアラビヤを過ぎ、いよいよ埃及の地に入ったから、このパリスカスの様子の異常さが朋輩や部下の注意をきはじめた。
木乃伊 (新字新仮名) / 中島敦(著)
だけれどほんとにいやなのはあのおなま(朋輩生徒か)さんネー。いやに体裁ばかりつくって。何か自分の作文の点でもわるいと。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)
で、幸子よりも直接の被害者である傍輩の女中達の方が真っ先に悲鳴を挙げた。
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
りよと一しょに奥を下がった傍輩が二三人、物珍らしげに廊下に集まって、りよが宿の使に逢うのを見ようとしている。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)