“ばうはい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
傍輩50.0%
澎湃50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
近い頃のロシアの小説に、かぬ小学生徒と云ふものを書いたのがある。我事も人の事も、有の儘を教師に告げる。そこで傍輩に憎まれてゐたたまらなくなるのである。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
或はれて澎湃白沫をばし、或は瀾となり沈静深緑はす、沼田をして今日にり河幅水量しく减縮せるをえず、果して尚幾多の長程と幾多の険所とをする
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)