“はうばい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
傍輩42.9%
朋輩42.9%
寶貝14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大岡殿聞れ大分其方は神妙者と見える昨年より當年へかけ傍輩を取てりしと云ふ者か又は不首尾にてしとか何か五兵衞方を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
けれどもぶにありて、さのみは愛想しがらせをふやうにもなくまゝ至極振舞容貌自慢かとへば小面くいと蔭口いふ朋輩もありけれど
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
でんとするに、あり、ぶ。南房人形氏矢繼早小賊る。陽知春一人のみうすることをて、たる寶貝くこれをす。しつ。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)