朋輩はうばい)” の例文
店の小僧達——よく朋輩の事を知つて居るのに聽くと、梅吉は奈良屋の身代を乘つ取るために、伜の幾太郎を勘當させて、娘のお榮を手に入れることに熱中して居た證據が
けれどもぶにありて、さのみは愛想しがらせをふやうにもなくまゝ至極振舞容貌自慢かとへば小面くいと蔭口いふ朋輩もありけれど
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
何そんな気のいた物は有りさうにもしない生れると直さま橋のの貸赤子に出されたのだなどと朋輩の奴等が悪口をいふが、もしかするとさうかも知れない、それなら己れは乞食の子だ
わかれ道 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)