間際まぎは)” の例文
兎角するうちに滿ちた。れるといふ間際つたとき、宗助役所ながらも、御米がしきりにつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
も最高学府へ卒業間際まで通つたといふ君が、大工の見習ぢや納まるまいと思つてさ。しかし、昨今の生活は、僕も見るに見兼ねてゐる。
長閑なる反目 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
其頃をなしてはれた試驗間際徹夜勉強終夜へて、つた同志あかしに演習をする、なまけものの節季仕事ふのである。
霰ふる (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それはそれは感心はふかろしいほどで、特別認可卒業間際までなしにつてのけたを、しいにお腦病つたではからうか
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
その朝もやはりかう云ふで、鐘が鳴る間際まで、見晴しの好い二階の廊下に彽徊してゐたのである。
あの頃の自分の事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
それは私が主として樂しんでゐた興味であり、またいつも私がを越えないやうにしてゐる確かな本能でもあつた。私はもう一歩で相手をらせるといふ間際で踏み止まつた。
——かゝる間際兎角大厄難誘起すものであるなどゝ心付があらう。
噴火間際になると、めて範圍のみにずる地震局部微震頻々ることが通常である。地表近くに進出して蒸氣が、地表らうとするきのためにるものであらう。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
発車の間際に牧野の音頭で「しやん、しやん、しやん」と三度手打をしてプラツト・フォオムの群衆を驚かせた。車中には正月の用にと云つて𤍠田丸から大きな「数の子」の樽を積んでれた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
私の家はステーションの直ぐ間際で、場所としては他の宿屋を抜いてゐたので、それ故同業者はどうかして少しでも私の家に吸収される客を奪はうと努めた。それには必らず構内車夫を利用した。
ある職工の手記 (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)
火事見舞間際に、かい地圖して、仔細町名番地調べてゐるよりも、ずつとれた見當違所作じてゐるじた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
……雨風猶豫つて、いざと間際にも、卑怯に、さて發程うか、めようかで、七時急行時期ごし、九時にもふか、ふまいか。
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
バアトンが之を知つたのは、も西部亜弗利加の黄金海岸へ遠征しようと云ふ間際であつた。
本艦間際になつたが、盤水かすがごとく、二千七百巨艦ゆらり/\とく、く、端艇のごとく波浪つて、左舷々梯寄着出來ない。
其所段々調べてて、宗助自分いたのない事實發見したに、はずろいた。胎兒間際健康であつたのである。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
うです此汽車で、神戸迄遊びに行きませんか」と勧めた。代助はたゞ難有うと答へた丈であつた。汽車の間際に、梅子はわざと、窓際近寄つて、とくに令嬢の名を呼んで
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
梅子はとう/\を折つた。代助の帰ると云ふ間際になつて
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)