やに)” の例文
ええ、おちついているな。めさせられた蛇のように往生ぎわが悪いと、もう御慈悲をかけちゃあいられねえ。さあ申し立てろ。
半七捕物帳:05 お化け師匠 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
ええ、おこついているな。めさせられた蛇のように往生際が悪いと、もうお慈悲をかけちゃあいられねえ。さあ。申立てろ。
半七雑感 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「どうだね。これからみんなで浅草にくり出して行こうじゃないか。」そういって、煙草ので染まった前歯をちらと見せて微笑する。
疳癪の強そうな縁のれ気味な赤い目をぱちぱち屡瞬きながら、獣の皮のように硬張った手で時々目を拭いて、茶の間の端に坐っていた。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
煙草のと汗が一緒になつて眼にしみる。からだ中、どこもかしこも脂でべとべとになる。手拭ひでふけば拭いた手拭ひが黄いろに染まる。
続生活の探求 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)
その折ある地方で、皮膚の赤茶けた土人が、地面蹲踞つて玉蜀黍煙管くさい煙草をすぱすぱやつてゐるのを見かけた。
庵りというと物寂びた感じがある。少なくとも瀟洒とか風流とかいう念とう。しかしカーライルのはそんなっこい華奢なものではない。
カーライル博物館 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
後の世の語り草にもと老眼のを拭いつゝ書き留めておくと云うのであって、前に記す塚守の盲人は即ち老尼の物語の中に出て来るのである。
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
八五郎はでジワジワする煙管をあわてて仕舞い込みました。どうもこの女とはまともに太刀打ちが出来そうもありません。
残りし一人が又々抜刀を取直し、「無礼なやつ」と打掛る下を潜って一当て当てますと、めた蛇のように身体を反らせてしまいました。
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
築地本願寺畔の僑居に稿を起したわたしの長篇小説はかくの如くして、遂に煙管を拭う反古となるより外、何の用をもなさぬものとなった。
十日の菊 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
壁には、っぽい魚油が灯されていて、その光が、の上の艇長の写真に届いているのだが、その下で、ウルリーケがぼんやりと海を眺めている。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
彼曰ふ、上なるマーレブランケの濠の中、煮ゆるところにミケーレ・ツァンケ未だ着かざるうち 一四二—一四四
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
歯のすり減った下駄のようになった日和を履いて、手のでべと/\に汚れた扇を持って、彼はひょろ高い屈った身体してテク/\と歩いて行った。
子をつれて (新字新仮名) / 葛西善蔵(著)
西村はシャアロック・ホルムズの様な口調でこう云うと、少し勿体ぶった手つきでスリーカッスルをつめたマドロスパイプをさがりに斜めに銜えた。
象牙の牌 (新字新仮名) / 渡辺温(著)
白く輝く鸚鵡——何某の伯爵が心をめたものとて、人は知つて、(伯爵)とふる其の釵を抜いて、を返して、喫掛けた火皿つた。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
お霜婆の家でも毎年蠶を飼ひましたが、ある時私は婆さんの大切にして居る蠶に煙草のめさせました。斯の惡戲は非常に婆さんを怒らせました。
旦那はタバコのの黒く染み込んだ反齒の口を大きく開いて、さも恩に着せるやうな調子でこんなことを言つた。
兵隊の宿 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
の多い松やサワグルミの若い林のまんなかにあり、池からは六ロッド〔一ロッドは約五メートル〕で、そこまでほそい小路がだらだらと下りていった。
彼は病気だと云う父親のことを考えだした。古い古い家の奥の間で、煙草ので黒くなった二つ三つ残った歯を出して、仰向けに寝ている父親の姿を浮べた。
指環 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
それに夜も昼も火をきづめにしているので、この小屋の木材はを沸き出してみたいに光っていた。
(新字新仮名) / 吉川英治(著)
などと下った感想を漏らされたとある。やがて彼女は懐妊し、そのため嫉妬と飲酒悪癖は増大に増大、或る夜、吉近侯と未曽有の大格闘を実行したあげく
長屋天一坊 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
葉脈が縦に並んでいて、葉の裏には松のが出るらしい白い小さい点が細い白線のように見えている。実際強靭で、また虫に食われることのない強健な葉である。
松風の音 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
桜といったら川のほうにだけ、それも若木といえば聞えがいゝ、細い、ッこい、みじめな、いえば気ましな枯枝のようなものゝしるしばかり植わった向島の土手。
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
みんなの顔が黒くなったのは、この煙草のがくっついたのだ。だからお酒で洗えばすっかり落ちてしまう。サア、おれたちにもお酒を入れた風呂をかしてくれ。
豚吉とヒョロ子 (新字新仮名) / 夢野久作三鳥山人(著)
垣の中にった松はらに空を透かせながら、かすかにを放っている。保吉は頭を垂れたまま、そう云う静かさにも頓着せず、ぶらぶら海の方へ歩いて行った。
文章 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
まだっこいこの自分に真打をとらせてくれる以上は、せめて師匠くらいのところをけさせなければ看板花やかに客が呼べないものとおもっているくらいのことは
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
九女八は、の流れた筋が、色に透通るようになった、琥珀のパイプをして眺めて
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
を拭いた紙を寝覚の端へまるめ込んで、手を手巾でもんで居るその手巾は、過日の白茶地ではないが、貞之進はそれに妙なことが思い出されて、じっと小歌の顔を看上げると
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
何か下等な材木の木のばかしが生々しいが、スリッパでも穿かねばとてもっぽくて歩けそうにもない薄汚さで、そのうえ、廊下の突き当りにはきまって凸凹の姿見ばかりが
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
また煙草飲みはこの糠味噌汁を食べぬとが咽に詰るなどといい慣わしていた。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
この物煙草汁にって死するは、人がこの物の毒に中って死するより速やかだから、ホッテントット人これを見れば、煙草を噛んでその面に吹き掛け、あるいは杖のにそのを塗りて
悉皆米松で長く柱にりかゝっていると洋服にのつくことは言わなかった。
好人物 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
薄黒い唇ががましく開いて、そこからに染まった長い歯が覗いていた。
或る時、母堂の心配そうな打明話によると、眼や顔をふくハンケチが茶色くなり、便所の朝顔も茶色くなり、襯衣も茶色くなり、つまり全身から煙草のが吹き出してるらしいとのことだった。
十一谷義三郎を語る (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
と鼠谷と名乗る男は、煙草ので真黒に染まった歯をきだして笑った。
火葬国風景 (新字新仮名) / 海野十三(著)
焚火でを焼いたり、その焚火の煤煙や、偃松ので、手も頬も黒くなったり、誰を見ても、化かされたような顔をしている、谷へ下りたい、早く谷へ下りて、自由に奔放する水音が聞えたら
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
仁右衛門はのつまった大きな眼を手の甲で子供らしくこすりながら
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
便所へ入ってしゃがんでいると直ると云われてそれを実行したことはたしかであるが、それがどれだけ利いたかは覚えていない。それから、飯を食うと米の飯が妙に苦くてめるようであった。
喫煙四十年 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
それでの多い松を選んで、それを焚いて煤を採ったのである。
硯と墨 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
オリエントのをペツと袖へ吐く。
茗荷畠 (新字旧仮名) / 真山青果(著)
ゝゝゝつくに松の暑さかな 神櫻
俳句の作りよう (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
っこい口調で語りだした。
うすゆき抄 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
古びた壁のの色
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
その茶店の前の往来へ、例の袢天とどてらのが出て、だらけの歯をあらわにしながらしきりに自分を呼んでいる。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「だが君はいいね。そうやって年中常綺羅でもって、それに内儀さんは綺麗だし……。」と新吉はッぽい煙管をむやみに火鉢の縁でいて
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
嗅いで見るが宜い、少し臭いやうだ。ね、その通り。そこで、その鏑の中へ、松前のアイヌが熊狩りに使ふといふ、毒を
銭形平次捕物控:315 毒矢 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
半七 なんだ、なんだ、どいつもこいつもを嘗めさせられた蝦蟇のようなをするな。ねえ、もし、大和屋の旦那。
勘平の死 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
齒のすり滅つた下駄のやうになつた日和を履いて、手のでべと/\に汚れた扇を持つて、彼はひよろ高い屈つた身體してテク/\と歩いて行つた。
子をつれて (旧字旧仮名) / 葛西善蔵(著)
翼をの上につべし、我等頂上を棄て岸を楯とし、汝たゞひとりにてよく我等を凌ぐや否やをみん 一一五—一一七
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)