火葬国風景かそうこくふうけい
甲野八十助 「はアて、——」 と探偵小説家の甲野八十助は、夜店の人混みの中で、不審のかぶりを振った。 実は、この甲野八十助は探偵小説家に籍を置いてはいるものの、一向に栄えない万年新進作家だった。およそ小説を書くにはタネが要った。殊に探偵小説 …
作品に特徴的な語句
洋盃カップ 仇敵てき かたわ あせ あけがた なつか とむらい おと きわ いっ おとしい あらかじ かわ にわ うな やわ たくみ 揺籃ようらん しば ほがら 空虚から やに おこ にぎや 路傍ろぼう 隧道とんねる かた 飾窓ウインド 饒舌じょうぜつ ざわ のぼ 一寸ちょっと 一旦いったん 不図ふと わた 亡妻なきつま 仄明ほのあか たお 仲善なかよ 何処どこ 何故なぜ にわか そうろう 傑出けっしゅつ 冥途めいど 卓子テーブル いか 可笑おか かな われ あき 呼吸いき 咄嗟とっさ 咽喉のど すす 多摩たま 奈落ならく ごと なぶ もっと 屹度きっと ちまた 彷徨さまよ 彼奴あいつ 後方うしろ たちま 怪訝けげん よろこ 悪戯いたずら ふる ドア ほう かつ 揚句あげく 是非ぜひ くら 森閑しんかん しら 楚々そそ ゆが こと いわ 泥土でいど 流石さすが うす 温和おとな