柄杓ひしやく)” の例文
新公はその音に驚いたやうに、ひつそりしたあたりを見廻した。それから手さぐりに流し元へ下りると、柄杓になみなみと水をんだ。
お富の貞操 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「へエ、來ましたが、お茶をれて上げると、喉が乾いて面倒臭せえから水をくんろ——と言つてね、柄杓で一杯飮んで——」
柄杓の水を茶碗に取りてわれにすゝめ、和尚の死骸を情容赦もなくクル/\とに包み、荒縄に引つくゝりて土間へ卸しつ。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
病症脊髓腦膜炎とかいふ劇症で、二三風邪氣味てゐたが、便所つたりに、はうとして、柄杓つた卒倒したなり
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
ませてろ」てるといふことをらぬものゝく一いつた。おつぎは柄杓んだ。與吉らでもつてんだ。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
『そら、そこに、湯の元があるだらう。そこで、柄杓で湯をつて飲んだり何かしたんだよ。覚えてゐないかねえ?』
父親 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
大日様には方方のお寺にあるやうに柿色や花色の奉納の手拭のさがつた掘りぬき井戸があつて、草双紙に阿波の鳴戸のお鶴がもつてる曲物柄杓が浮いてゐた。
銀の匙 (新字旧仮名) / 中勘助(著)
何といふ可憐な魚の呼吸であらう。見よその柄杓一杯の水の底に八月の青空が映つてゐるではないか。
八月の星座 (新字旧仮名) / 吉田絃二郎(著)
いつの頃からのならはしか、土地の人達は柄杓ですくふ湯を頭に浴びながら歌ふ。うたの拍子は湯をうつ柄杓の音から起る。きぬたでも聽くやうで、野趣があつた。
山陰土産 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
臺所豪傑儕座敷方僭上榮耀榮華し、しやて、緋縮緬小褄奪取れとて、竈將軍押取つた柄杓采配火吹竹いて、鍋釜鎧武者
霰ふる (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
メァリーは、顏を上げて、私を見つめた。彼女が火につてゐる二羽の肉汁を垂らしてゐた柄杓は、凡そ三分間位の間何もないところにつき出されたまゝだつた。
付て海へめ其身は用意の伊勢參宮姿に改め彼二莚包として背負柄杓を持て其場を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
言語學といふ乾枯びたやうな學問の教ふるところは別として、たとへば日本語の柄杓といふ言葉を聞くと、それが如何にもあの液體を掬ふ長い柄の附いた器物のやうに思はれるし
ごりがん (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
標識に蔽膝柄杓とを選んだ所以である。今の語を以て言へば、此黨は一種の生産組合である。又類例を以て云へば、天香西田氏詰の唱道する所が、種々の點に於てこれに近似してゐる。
古い手帳から (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
重い柄杓に水を溢れさせて、口移しに飲まうとすると、サラリと髪が落つる。髪をいた顔が水に映つた。先刻から断間なしにつてるのに、周辺の青葉の故か、顔がよりも青く見える。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
柄杓で汲まなきや
蛍の灯台 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
「その上、夕方かごめ/\か何んかやつて遊んでゐて、不意に見えなくなつた。菅笠柄杓も仕度をする間がありませんよ」
「そうれお前等えでんのにそんな小鉢なんぞ突出させちやへねえな、それだらだらツらあ、柄杓そつちへおんしてるもんだ」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
彼女は柄杓を捨てるが早いか、乞食の存在も忘れたやうに、板の間の上に立ち上つた。さうして晴れ晴れと微笑しながら、棚の上の猫を呼ぶやうにした。
お富の貞操 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
さて逃ぐる者は逃ぐるに任せつつ、死骸狼藉たる無人の刑場を見まはし、片隅に取り残されたる手桶柄杓を取り上げ、初花の磔刑柱の下に進み寄りて心静かに跪き礼拝しつ。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
如何なることがあらうもれずと、つて、行燈をうしろに差置き、わなゝき/\柄杓つて、もれたひながら、カチリとあたるいで、げるやうにしたトタン
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
さんのおには井戸つてありました。その井戸柄杓めるやうな井戸ではありません。いても、いても、なか/\釣瓶つてないやうな、い/\井戸でした。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
柄杓にざぶざぶ
都会と田園 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
男なら盥をいでやるところだ。不思議でたまらないから柄杓か茶碗を貸してくれといふと、チヨコチヨコと刻み足に駈け出して、草履を内輪に脱いだ
簡單ら一つた斗樽甘酒柄杓汲出して周圍つて人々へられた。として子供等うてきな茶碗へた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
一人るなんど場席はない。花枕草枕旅枕皮枕に、硝子窓押着けたたるや、浮嚢取外した柄杓たぬもののく、からのどしやに、宛然人間海月る。
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
釣瓶で 柄杓
未刊童謡 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
「下女のお源はりのある柄杓のやうな女で、腹にあることは一とも持ち堪へられない性分ですよ」
柄杓
蛍の灯台 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
番太の老爺は縁臺の上で一とくさりやると本當に手桶を持出して、柄杓で水を撒き始めるのです。
柄杓が庭に抛り出してあつたんだから、手を洗ふ前でも、手を洗つた後でも無いことは確かだ
入口の方から番傘がいて、お勝手の方から柄杓俎板が覗いてゐる世帶、淺ましくも凄まじい家居ですが、八五郎にのしかゝるやうに啖呵を浴びせてゐる女は見事でした。
銭形平次捕物控:311 鬼女 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
「椽側の外の手水鉢の前へんで、柄杓を取つたところを、下から突き上げられたのだ」
「手水鉢は自然石のまことに立派なものですが、柄杓が見えなかつたやうですが——」
柄杓の底へ仕掛をして、外から毒を持ち込んだやうに見せたり、恐ろしい手の込んだ細工をして、私の眼を誤魔化さうとしましたが、曲者の片割れは、矢張り此家の中に居るに相違ありません
お勝手へ飛込むと、手桶からいきなり柄杓で水を一杯——
「この柄杓は新しいやうだが、何時から使つてますか」
「一杯呑み度いが、柄杓か茶碗を借り度いな」
柄杓は?」