ひよどり)” の例文
「その竹童のからだをさがしに、だんだんうすぐらい檜谷りてゆくと、ピューッと、でもいたような、がしたんです」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
寒の雨の降る中を、が栴檀の実を食いに来る。鵯も栴檀の実も等しく雨に濡れつつある。寒いながら何となく親しい感じのする句である。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
武蔵野ではまだ百舌鳥がなき、がなき、畑の玉蜀黍の穂が出て、薄紫の豆の花が葉のかげにほのめいているが、ここはもうさながらの冬のけしきで
日光小品 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
はたこなたへとしるべするにやあらんと草鞋のはこび自ら軽らかに箱根街道のぼり行けばの声左右にかしましく
旅の旅の旅 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
家には外にが一羽いるがその叫ぶような声はどちらが本物の鵯だかが分らない程懸巣がうまく真似声をする。
懸巣 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
侯爵は鴎の影がなくなつたのでまた安心して色の実にを入れ出した小に眼をやりながら言葉を続ける。
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
お墓の土にはの花がなんべんか咲いた。山にはどんぐりも落ちれば、の鳴く音に落ち葉が降る。
どんぐり (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
すぐ崖のへ来て急に鳴き出したらしいも、声がえるだけで姿の見えないのが物足りなかった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
鶯という鳥はその前年の秋から渡って来ている——いわゆる渡り鳥であるところの——頬白だとかだとか百舌鳥だとかいうような小鳥類とは全然感じを異にした鳥で
俳句とはどんなものか (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
長「贅沢と云やア雉子たてだの、山鳩やは江戸じゃア喰えねえ、此間のア旨かったろう」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
時とすると、そのあたりの杉木立の中に遊んでいたなどが、強く短いきれぎれな声をあげて飛び去ることがある。彼の声は如何にも深山幽谷の気分をもたらすに充分である。
茸をたずねる (新字新仮名) / 飯田蛇笏(著)
そんなぼんやりした気分になっているその時に、突然高い空でがピーッと鳴いて通った。そうしたらその拍子に身がギュッと引きしまって、初めて人心地がついたのだった。
故郷七十年 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
冬になると、魚芳はを持って来て呉れた。彼の店の裏に畑があって、そこへ毎朝沢山小鳥が集まるので、釣針に蚯蚓を附けたものを木の枝に吊しておくと、小鳥は簡単に獲れる。
(新字新仮名) / 原民喜(著)
氷店休茶屋、赤福売る店、一膳めし、就中の鳴くように、けたたましく往来を呼ぶ、貝細工、寄木細工の小女どもも、昼から夜へ日脚の淀みに商売逢魔一時を鎮めると
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
榎の高いにはって来た。銀杏のてっぺんで百舌高啼く日もあった。
果樹 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
の来る高いはすっかり秋の色にそまり、芝生の中に一叢咲き乱れているコスモスの花は、強い日差しに照り映えていた。子供たちは、広い芝生を喜んで、いつまでもけ廻っている。
南画を描く話 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
に高く一つ二つ取り残された柿の実も乾きしなびて、霜に染ったその葉さえ大抵は落ちてしまうころである。百舌の声、藪鶯笹啼ももうめずらしくはない。この時節に枇杷の花がさく。
枇杷の花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
郊外の家にもに来鳴く可し
智恵子抄 (新字旧仮名) / 高村光太郎(著)
が来る 鵯が来る
極楽とんぼ (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
よ翅を振りて
藤村詩抄:島崎藤村自選 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
はそのまま進んだ、けれど佐助の櫓の手は、どうしても大きく動かなかった。——として、人影も見えない島には、が高く啼いていた。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのうち薄いりて、裏の芭蕉を見事にいた。朝は崖上家主の庭の方で、が鋭どい声を立てた。夕方には表を急ぐ豆腐屋の喇叭に交って、円明寺の木魚の音が聞えた。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
も飛んで行つて仕舞つた。日のあたたかみで淡雪つらがつぶやく音を立てながら溶け始めた。侯爵の背中にニンフの浮彫が喰ひ込み過ぎた。彼はそこではじめて腰板に腰を下す。
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
葉が落ち散つたあとの木の間がかにくなつてゐる。それに此処らは百舌鳥がくる。がくる。たまに鶺鴒がくることもある。田端音無川のあたりには冬になると何時鶺鴒が来てゐる。
一番気乗のする時 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
が、自分はこの絵を見る度に静かな田舎の空気が画面から流れ出て、森の香は薫り、の叫びを聞くような気がする。その外にまだなんだか胸に響くような鋭い喜びと悲しみの念が湧いて来る。
森の絵 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
……南天燭の実、山雀胡桃ですか、いっそ鶯が梅のをこぼしたのなら知らない事——草稿持込で食っている人間が煮豆を転がす様子では、色恋の沙汰ではありません。——それだのに……
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
雪の中では南天の実を餌にして、をつかまえたことも何度かある。
が来て
都会と田園 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
さるお大名へめる事になっている朝鮮渡りので、一番で三十両もする名鳥なのに、この稚妓が今、菓子など喰わせたから怒ったのだと口からをとばして云った。
春の雁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ここに係蹄が仕掛けてあるよ」「あれがを捉える羽子だ」そして、「を生やす木」などと島吉が指さすのを見ながら、これが東京とは思えなかった。月日のない山中の生活のようだ。
酋長 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
其内りて、芭蕉見事いた。崖上家主で、どいてた。夕方には豆腐屋喇叭つて、圓明寺木魚えた。かくなつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
傾く年の落ち葉木の実といっしょにの鳴き声も軒ばに降らせた。
花物語 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
鳥などは食に飢えているために、ことに簡単な方法で捕えられた。二、三日も降り続いた後の朝に、一尺か二尺四方の黒い土の肌を出しておくと、何の餌ももなくてそれだけでが下りてくる。
雪国の春 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
ただ時々松のの声のするだけだった。
悠々荘 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
青い眼の人形 (新字新仮名) / 野口雨情(著)
三十両もする小鳥屋のをツイと籠から放して、生涯の借金に背負っても苦にしないでいるもある深川かと思うと、こんな事では、辰巳で遊び客の資格はないのだと
春の雁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
がやって来てむらしいのである。
都会と田園 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
と声に応じて、のような若い将軍は、鏘々と剣甲をひびかせて、彼の眼前にあらわれた。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
別後 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
谷間をわたるの声に、秋は日ましにふかくなる。城草の露もしとど冷たい或る朝だった。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
若い肉体は、獅子吼してそう云うとすぐ、のごとく、さまに駈けていた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あれ——という間に、の口を開けてを青空へ逃がしてしまった。
春の雁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すぐ西の谷を、の高い音が渡ってゆく。そこの紅葉も美しい。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
矢は、のように、谷をまっすぐに渡って行った。
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)