“さかづき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:サカヅキ
語句割合
35.2%
27.8%
9.3%
酒盃6.5%
4.6%
酒杯3.7%
酒盞2.8%
洋盃1.9%
1.9%
盃盞0.9%
三々九度0.9%
洋盞0.9%
玻璃盃0.9%
盃杯0.9%
硝子杯0.9%
祝盃0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「今もネ、花ちやん」と丸井老人は真面目顔「例の芸妓殺——小米の一件にて先生に伺つて居た所なんだ」と言ひつゝ差し
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
点頭きながら叔母にかう答へて英也はを取つた。畑尾がまた来たのと入り違へに南は榮子を寝かし附けた夏子をれて帰つて行つた。
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
……九獻よりして以來めてりたるなりしを。——たのかい——いや、われく。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「主よ。もし御心に適ふならば、この苦き酒盃を離し給へ。されどにして欲するならば、御心のままに爲し給へ。」
宿命 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
より両国尾上町京屋楼上集会する事十あまり、を聞くものおれれに語り、今は世渡るたつきともなれり、峨江め、大河となる金銭になるとは
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
恐しく鳴り渡るにつれて、『どうだ、君一杯。』の叫声、手もかぬテーブルの、彼方此方酒杯の取り遣り。
一月一日 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
清吉酔ふては撿束なくなり、砕けた源太が談話ぶりけたお吉が接待ぶりに何時しか遠慮も打忘れ、されてまず受けては突と干し酒盞の数重ぬるまゝに、平常から可愛らしき紅ら顔を一層沢〻
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「僕、これを家の女中に作つてやりました。彼れ、愛すべき少女ですな。今朝僕の部屋を掃除する時、この洋盃をみて笑ひました。僕、これをそつとしておくですな。」
室生犀星に与ふ (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
うら/\ぶや芳野山ばし、てら/\とへる絵島なきをみ、厳冬には炬燵高櫓閉籠り、盛夏には蚊帳栄耀陣小屋として
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
掛けて一座と成て酒宴後家に心有りなる面白可笑盃盞ことに後家のお勇も如才なき人物重四郎が樣子を熟々見るに年はまだ三十歳を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
るゝな立派な出世致すべしてこそ予に忠義なるぞと申聞られ一人々々盃盞を下され夫より夜のるをける此時越前守の奧方には奧御用人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
何時も御無事で、此の人は僕の知己にて萩原新三郎と申します独身者でございますが、お近づきの一寸を頂戴いたさせましょう、おや何だかこれでは御婚礼の三々九度のようでございます
お客さまは快活にお笑ひになりながら、おくみの注いだ葡萄酒の洋盞をお上げになる。
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
私は酒はあまりらない方だから、すこし甘口ではあるが白葡萄酒の玻璃盃に一ぱい注いであるのを前に置いて、それをすこしづゝ遣つたり、乳色のした牡蠣の汁をつたり
(新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
盃杯を投げてすすり泣く
短歌 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
わかき身の感じ易さよ硝子杯の薄きにも心みつつ
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
申しても祝盃さへも致さぬうち後家のが最惜ければ此度の縁はなきものと思し絶念下さるやと申して參れと長左衞門が吩咐に依て態々參りましたるがにお氣の毒の次第にてとたる戸外飛出
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)