“コップ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:こっぷ
語句割合
洋盃40.7%
洋杯14.8%
硝子盃13.0%
硝子杯11.1%
5.6%
高脚3.7%
玻璃盞1.9%
洋盞1.9%
玻璃杯1.9%
1.9%
1.9%
1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そろそろ酔の廻った叔父は、火熱った顔へ水分を供給する義務を感じた人のように、また洋盃を取り上げて麦酒をぐいと飲んだ。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そして一杯飲んだ。そしてなくを自分の方へ転じたと思うと、洋杯を手にしたまゝ自分の方へ大股で歩いて来る、其歩武の気力ある様は以前の様子と全然違うて居た。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「ご病気だった。それだもの、湯ざめをなさると不可い。猪口でなんぞ、硝子盃だ、硝子盃。しかし、一口いかがです。」
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
三人の紅茶を一個々々硝子杯じ出した時、柳沢時一郎はそのすっきりとの高い、った制服の姿を椅子の大きなのに、無造作に落していった。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「それぢや後ほど。」と云つたまゝ空になつたを、右の手で振り廻すやうにしながら、ふら/\丘の麓にある模擬店の方へ行つてしまつた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
金欄手の陶器の高脚で、酒盛りをしたものと見えて、私の家にも、その幾個かがきていた。
炉に掛けた雪平の牛乳も白い泡を吹いて煮立ちました頃、それを玻璃盞に注いで御二階へ持って参りますと、旦那様は御机に倚凭って例の御調物です。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
奥様の御差図で、葡萄酒を胡燵の側に運びまして、玻璃盞がわりには京焼の茶呑茶椀を上げました。静な上に暖で、それはされたような、夢心地のする陽気。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「代さん、あなた役者になれて」と聞いた、代助は何にも云わずに、洋盞を姉の前に出した。梅子も黙って葡萄酒の壜を取り上げた。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「どうだ、一遣らないか」と、前にあった葡萄酒を持って振って見せた。中にはまだ余程這入っていた。梅子は手をいて洋盞を取り寄せた。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
主婦げた大徳利の口を玻璃杯に受けて、茶色にの立つ酒をなみ/\と注いで貰ひ、立つて飲み乍ら、上目で丑松を眺める橇曳らしい下等な労働者もあつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「何が可笑しいツ」取りなほして松島は打ちも掛からんずる勢
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
「それは何でござんすね。」と、叔母は橙色のそのを遠くからして見た。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
これらの二児相憐愛し長者少者により水飲む事を教えた、この少者わずかに四ヶ月この院にあったその間ヒンズー人しばしば来てこれを礼拝し、かくすればその一族狼害を免がると言った。