“絶念下”の読み方と例文
読み方割合
あきらめくだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
申しても祝盃さへも致さぬうち後家のが最惜ければ此度の縁はなきものと思し絶念下さるやと申して參れと長左衞門が吩咐に依て態々參りましたるがにお氣の毒の次第にてとたる戸外飛出
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)