肝腎かんじん)” の例文
いいですか、あの死体を発見した二人の証人は口をえて、死体がまだ温かかったと言っているのですよ。この点が肝腎なのです。
五階の窓:02 合作の二 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
「どっこい、まだ顎なんか撫でるには早いよ。肝腎の小僧に逢わずに来たのは大きな手落ちだ。八丁堀なんか、明日でもよかったんだ」
だが、人間の生命にかかわることだから疎漏のないようにやりたまえよ。何事も辛抱肝腎だ。根気よく目的にむかって進みたまえ
ジェンナー伝 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
彼女はその薄暗い中に青貝めた古代の楽器や古代の屏風を発見した。が、肝腎篤介の姿は生憎この部屋には見当らなかった。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
とうとう、二人は引っ組んで、四つになり、諸仆れになり、さんざん肉闘して、肝腎な錦の袍もために、ズタズタに引裂いてしまった。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その代りよく気を付けて長く使い込んだ鍋は大層丈夫になって容易に剥げる事がありません。最初の使い込み方が何より肝腎です。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
草餅が出来た。は昨日鶴子が夏やと田圃に往ってんだのである。東京の草餅は、染料を使うから、色は美しいが、肝腎の香がい。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
肝腎の「人格を完備した男女」を作る事を忘れ、人格を尊重し合うべき事を息子のため娘のために教えて置かぬ罪に帰せねばなりません。
離婚について (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
と反問するが肝腎である。臆病なる僕に一大興奮剤となった教訓は沙翁の Be just and fear not の一言である。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
まないのは、おさんよりこっちのこと、折角いところを、早起きをさせて、わざわざてもらいながら、肝腎のおせんが。——」
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
土下座とか云って地面へ坐って、ピタリと頭を下げて、肝腎駕籠が通る時にはどんな顔の人がいるのかまるで物色する事ができなかった。
文芸と道徳 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それは、むす子の生活に便利なよう、母親としての心遣いには相違なかったが、しかし、肝腎な目的は、かの女自身の心覚えのためだった。
母子叙情 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
折角、あの神尾喬之助の居場所を知らせに来た者が、その肝腎の場所を言わないうちに呼吸えてしまってはしようがない。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
信一郎は、肝腎な来意を云ってしまったので、ホッとしながら、彼は夫人が何う答えるかと、じっと相手の顔を見詰めていた。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
また我々が首尾よく抜け出しさえすれば、明日とも言わず迎えの工夫をする、どっちにしても落着いて寝ていることが肝腎じゃ
大菩薩峠:13 如法闇夜の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
古い大福帳や証文や勘定書などがしみという虫に喰われており、肝腎の数字のところが穴になっている。さあたいへん、困ったことになった。
虫喰い算大会 (新字新仮名) / 海野十三佐野昌一(著)
そういうつもりになって、色々のものをよく見ようとしたのではあるが、勿論肝腎な線がそう簡単に見えるはずはなかった。
南画を描く話 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
入蔵間道を発見する方法 ここで私は一番肝腎な仕事は何かと言えばまずどこからチベットへ入ればよいかということです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
肝腎の当人が何と云うか、反応を見るのも一つの方法であるかも知れない、と、又そう思い直したので、或る日神戸へ買い物に出ようとして
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
第一、文字暗号ではないのだから、肝腎秘密ABCを発見するのに必要な資料が、これにはてんで与えられていないのだ。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
半次郎 江戸にいるという噂だけで、居所が知れねえのだ、それに肝腎の名前だって、哥児はうろ憶えなんだ。尋ね探しても、判るかどうだか。
瞼の母 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
例えば甲の社員の提言を容れて直ぐ実行してくれと命じたものを乙の社員の意見でクルリと飜えして肝腎の提言者に通告もしないでやめてしまう。
三十年前の島田沼南 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
こう彼が肚を決めてのは、どうやら他にもっと肝腎な理由があってのことらしい——もっと真剣で、切実な問題が……。
庸三はそのころまだ歌舞伎劇に多少の愛着をもっていただけに、肝腎の葉子が一緒にいないのが何となく心寂しかった。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
おかん 兄弟が相棒で御神輿でもかつぎに出るのかえ。(土間を見返りてあざ笑ふ。)肝腎のかつぐ物があるかよ。
権三と助十 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
自由な音律に任せて、小曲の形を採るのがほんとうだと思う。而も短歌の形を基準としておいて、自由に流れる拍子を把握するのが、肝腎だと考える。
歌の円寂する時 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
肝腎な働き手の高自身さえ着のみ着のままだったが、それをまた祖母は、世間の手前、余り汚い風をしていては困ると、口うるさく叱言を言っていた。
喧嘩はおよし。肝腎なことは、家族の一人に、ブルタスがいるってこった。には現にいるんだ。にんじんのお蔭で、あたしたちは肩身が広いわけだ。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
に隣からの火貰いという交際が結ばれ、また家々ではの火を留めるということが、肝腎な主婦若嫁の職務となり、さらに翌朝はその火を掻起して
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
「こんなところに置いちゃいかん! すぐばれてしまうじゃないか。これをかくしておくことが肝腎なんじゃ。」
窃む女 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
親を養わんならん肝腎の娘が病気も病気もそんな病気になってしもうてどうしようもなりまへんもんどすさかい。
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
肝腎なことは、ねえ、望んだり生きたりするのに飽きないことだ。その他のことは私たちの知ったことじゃない。
ただ作家がこれを実行するかしないかの問題だけで、それをせずにはおれぬときだと思う事が、肝腎だと思う。
純粋小説論 (新字新仮名) / 横光利一(著)
船の修覆の材料となし、獣類魚類さては木の実を捜して命をぐ工夫が肝腎、ウム、向うに見えるは鳥なるべし
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
この作に対しては、記録者が積極的に嘘を書いていないにしても、肝腎のところを省いているのだから、やはり読者に対してアンフェアだという非難がある。
探偵小説の「謎」 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
その重要な人が決闘で傷つき、倒れ、肝腎の戦場に出て、働かれぬやうなことがあつては、だ遺憾である。
風変りな決闘 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
さて学校も出来人間も大概ったが金がない。軍隊は戦争しようとするけれども、肝腎兵站部がない様な塩梅で、学校も財政のために非常に困ったのである。
東洋学人を懐う (新字新仮名) / 大隈重信(著)
ここが肝腎のところだと思いましたから、わざと暗い処に引っ込んで、よくよく様子を聞いてみますと、僕の両親が、何も云わずに、落ち付いて殺された事や
死後の恋 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
そんな小さなことではうまく立ち廻るが、肝腎なところで失敗するのだと、栄介は答えようとして止めた。
狂い凧 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
だッて牢屋には肝腎の藻西太郎が居るだろうじゃ無いか細「でも貴方、藻西に逢た所で別に利益はッたでしょう、よりは何故直に藻西太郎の宅へ行きを ...
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
なんでもない顔のや、着物の襟などを注意すると喜ぶくせに、肝腎の心の病気を注意するとられるとは、全く人間というものは、ほんとうに変な存在です。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
思いっきりが肝腎です! ほかに打つ手はありません、ほんとです。ないとなったら、ないのですから。
桜の園 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
それもたしかに要求の一つではありますが、肝腎の季ということを忘れていたのは残念な事であります。
俳句への道 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
ヂュリ れてはれぬとやるなら、れてゐぬぢゃ。のかのと言譯してゐやるのが肝腎一言よりいわいの。これ、か、か? や。
さて、これからがこの話の眼目にはいるのですが、考えてみると、話の枕に身を入れすぎて、もうこの先の肝腎の部分をしく語りたい熱がなくなってしまいました。
アド・バルーン (新字新仮名) / 織田作之助(著)
ぞろぞろと華やかな着物だけが宙につるし上って、肝腎のフランシスは溶けたのか消えたのか、影も形もなくなっていた。クララは恐ろしい衝動を感じてそれを見ていた。
クララの出家 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
ちょうどその時、担当の老看守の戻って来る気はいを感じ、太田はさり気なく窓の下を退きながら、肝腎なことを聞くのを忘れていたことに気がついてねたのであった。
(新字新仮名) / 島木健作(著)
なる彼等信仰心て、此所までりながら、肝腎のおには接近するず。
勿論、本当の大阪落語を聴こうとする肝腎の客が消滅しつつあることは重大なしさである。
めでたき風景 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
巧みに表現されて居ますが、それを包む肝腎の人間の心持色合や、味ひがけて居ます。
三作家に就ての感想 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)