文芸と道徳ぶんげいとどうとく
私はこの大阪で講演をやるのは初めてであります。またこういう大勢の前に立つのも初めてであります。実は演説をやるつもりではない、むしろ講義をする気で来たのですが、講義と云うものはこんな多人数を相手にする性質のものでありません。これだけの聴衆全体 …
作品に特徴的な語句
から づら もとづ みず はか なお しも ちいさ かたむき まぬ きた かかわ ひと おお ぜん 寂寞じゃくまく いさぎよ おのれ うれい いだ がた きわ なん かたむ 地面じべた 奇特きとく 己惚うぬぼれ 御聴おきき にく こぞ えが ひそ とど まこと つく けだ おそれ かよ 一物いちもつ 不味まず 不在るす うち 乖離かいり 事柄ことがら 今日こんにち 仏語ぶつご 仕合しあわせ 代物しろもの 会釈えしゃく 僅少きんしょう 億劫おっくう もう そな 判然はっきり 刹那せつな 刺戟しげき 勃興ぼっこう 卑陋ひろう 厭味いやみ 厭気いやけ 取次とりつぎ 取除とりの 合点がてん 吟味ぎんみ 吾々われわれ とが とな 嗜欲しよく うそ やつ みだ きら よろ 寿司すし くず 工夫くふう 差支さしつかえ すた 往々おうおう 御免ごめん 微塵みじん 必竟ひっきょう おこ さと はばか うら 懸隔けんかく 成行なりゆき 我邦わがくに 手温てぬる つま