“かんせい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
喊声35.3%
陥穽22.1%
寛政7.2%
歓声6.0%
鼾声5.5%
閑静5.1%
喚声4.7%
喊聲1.7%
閑靜1.3%
完成1.3%
陥擠1.3%
陥阱1.3%
陷穽1.3%
関西0.9%
慣性0.9%
乾性0.4%
乾生0.4%
官制0.4%
檻穽0.4%
漢生0.4%
箝制0.4%
篏制0.4%
閑栖0.4%
間靚0.4%
陥穿0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ときに突然、背面の山から、またまた、金鼓を鳴らし、喊声をあげて、この大血河へ、さらに、剣槍の怒濤を加えてきたものがある。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しまった! と思うとたんに、余りにも手際よく村重の陥穽にかかっていた自分の姿が——自分ながらおかしくなったものとみえる。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これは寛政御改革のみぎり山東庵京伝黄表紙御法度御触を破ったため五十日の手鎖、版元蔦屋身代半減という憂目を見た事なぞ
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
思わず道へとびだすと、歓声をあげながらバスのあとを追って走った。新らしい力がどこからわいたのか、みんなの足は早かった。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
起きて焚火をする音に南日君も目を覚して、二言、三言話したかと思うと又ごろり横になって、大袈裟にいえば鼾声小屋をがさんばかりであった。
奥秩父の山旅日記 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
Uの温泉場では××屋という宿が閑静で、客あつかいも親切であるということを聞かされて、私も不図ここへ来る気になったのである。
鰻に呪われた男 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
わあと喚声を揚げて子供たちは逃げる。私も真似をして、わあと、てれくさい思いで叫んで逃げる。曲馬団の者が追って来る。
作家の手帖 (新字新仮名) / 太宰治(著)
それが汽車るのをながら、一げるがいか、いたいけならせて、とも意味らない喊聲を一懸命らせた。するとその瞬間である。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
きくよすがもらざりければ、別亭澁茶すゝりながらとなき物語、この四隣はいづれも閑靜にて、手廣園生浦山しきものなり、此隣りは誰樣御別莊
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
この実験は一もはやく完成させなくてはならんのだ。じゃまがはいるとひどくめいわくするんだ。ドアがあく音がするだけでも気がちってこまる。
自分の運命の陥擠であるものはこの恋である、源氏を忘れないことは自分を滅ぼす道であるということを過去よりもまた強く思っておいでになる御様子であったから手が出ないのである。
源氏物語:07 紅葉賀 (新字新仮名) / 紫式部(著)
自分の一生を小さい陥阱め込んで仕舞う危険と、何か不明の牽引力の為めに、危険と判り切ったものへ好んで身を挺して行く絶体絶命の気持ちとが
老妓抄 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
惡口の方は、商賣敵の陷穽にきまつて居ますが、漠然と江戸中に擴がつた、眞珠太夫の人氣も大變なものです。
「すまないが、ここへ避難した奉公人や若者は、時をみて正業に返してくれ。持ってきた金銀は、その折り、皆で分けるがいい。おれは、師匠の王進先生を尋ねてこれから関西の旅につく」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
つまり非常に軽々と感じ、そして少し遅れて慣性のようなものをも感じたというのである。
鞄らしくない鞄 (新字新仮名) / 海野十三(著)
いほど、ぶく/\とむくんだのではない、が、乾性して、その、せるい。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
草本帶には、乾燥したところにえる植物、すなはち『乾生』のものと、濕氣のあるところにえる『濕生』のものとの區別があつて、前者岩石砂地乾燥した場所
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
第十条 天皇ハ行政各部ノ官制文武官ノ俸給ヲ定メ及文武官ヲ任免ス但シノ憲法又ハ他ノ法律ニ特例ヲ掲ケタルモノハ各々其ノ条項ニ
大日本帝国憲法 (旧字旧仮名) / 日本国(著)
文明は個人に自由を与えてのごとくからしめたる後、これを檻穽の内に投げ込んで、天下の平和を維持しつつある。この平和は真の平和ではない。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そして男を漢生とつけ、女を玉佩とつけた。魚は漢産を伴れて家へ帰ったが、一年の中に漢水へ三四回も往くので不便であった。魚はそこで家を漢陽に移した。
竹青 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
意けだしを以てその束縛箝制を受けたる奴隷囚虜の属に別たんと欲するなり。
に竜池は偽善を以て子を篏制しようとはしなかった。自分の地味な遊には子之助を侍せしめて、これに教うるに酒色のにあっても品位をさぬ心掛を以てした。子之助の態度はに一変した。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
或時長頭丸即ち貞徳が公をうた時、公は閑栖韵事であるが、らかな日のさす庭に出て、唐松実生釣瓶に手ずから植えていた。
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
知って、災と思わぬならば物凄い。黒い所が本来の住居で、しばらくの幻影を、のままなる冥漠に収めればこそ、かように間靚の態度で、逍遥しているのだろう。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
理非曲直を越えた場所に、つねに、暴力を背景にして、強引に押しだされて来る人間の陥穿——この地方の人々が、この「顔」のために煩わされていることは、想像以上のようであった。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)