“篏制”の読み方と例文
読み方割合
かんせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に竜池は偽善を以て子を篏制しようとはしなかった。自分の地味な遊には子之助を侍せしめて、これに教うるに酒色のにあっても品位をさぬ心掛を以てした。子之助の態度はに一変した。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)